スカート(澤部渡)は、シンガーソングライターである澤部渡(さわべ わたる)によるソロプロジェクトである。新百合ヶ丘にある「昭和音楽大学」の作曲家に入学し、2006年から多重録音をベースにしたレコーディングを中心に活動がスタートする。2010年に自身のレーベル「カチュカサウンズ」を立ち上げ、1stアルバム「エス・オー・エス」をリリースし、本格的な活動に移行させる。他のミュージシャンのサポートメンバーを務めたり、楽曲提供を手がけたりする活動も行っている。2016年4月にテレビ朝日系「ミュージックステーション」にて「スピッツ」の後ろで口笛とタンバリンのサポートとして出演すると、一気に人気を集め話題になった。

スカート(澤部渡)の日程

87人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スカートのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 18:00更新)

スカートについて

スカートの魅力とは

スカート(澤部渡)は、2006年に活動を開始したポップバンドである。シンガーソングライターである澤部渡(さわべ わたる)によるソロプロジェクトとして活動が開始されている。澤部渡は1987年生まれの東京都板橋区出身であり、新百合ヶ丘にある「昭和音楽大学」の作曲家に入学し、多重録音をベースにしたレコーディングを中心に活動がスタートしている。大学時代からメンバーを変えながら活動を続けているが、2010年に自身のレーベル「カチュカサウンズ」を立ち上げ、1stアルバム「エス・オー・エス」をリリースし、ミュージシャンとして本格的に活動を開始した。現在は、ドラムスに佐久間裕太(昆虫キッズ)、ベースに清水瑶志郎(マンタ・レイ・バレエ)、キーボードに佐藤優介(カメラ=万年筆)、パーカッションにシマダボーイ(NATURE DANGER GANG、フジロッ久(仮))をサポートメンバーとして迎え活動している。2016年4月にテレビ朝日系「ミュージックステーション」にて「スピッツ」の後ろで、口笛とタンバリンのサポートとして出演すると、一気に人気を集め話題になった。また、テレビ東京系「山田孝之のカンヌ映画祭」では、エンディングテーマに楽曲が採用されている。

スカート(澤部渡)が好きな方はこんなチケットもおすすめ