いずみシンフォニエッタ大阪は、財団法人住友生命社会福祉事業団いずみホールの専属楽団として創設されたオーケストラである。2000年に作曲家西村 朗の提唱の下創設された。20世紀以降の現代の音楽を中心に、年2回の定期演奏会をおこなっている。メンバーは関西を代表する奏者で構成され、生まれたばかりの新曲やあまり取り上げられない名曲たちに光を当てるという目的で演奏会を開き、現代音楽の発展に貢献してきた。クラシックに比べて現代音楽は難曲と呼ばれる演奏が難しい曲も多々あるが、そんな曲にも幾度となく挑戦している。メンバーはこの楽団に入れたことで、プライドを持って演奏に取り組んでいるため、どの演奏会であっても全力の演奏を楽しむことができる。様々な楽器を使用した演奏会はまさに圧巻で、まだ生のオーケストラの演奏を聴いたことがないという方は、ぜひその耳で大迫力の演奏を体感してただきたい。

いずみシンフォニエッタ大阪の日程

1人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

いずみシンフォニエッタ大阪の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

いずみシンフォニエッタ大阪のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 06:00更新)

いずみシンフォニエッタ大阪について

いずみシンフォニエッタ大阪の魅力とは

いずみシンフォニエッタ大阪は現代音楽の演奏を主に行っており、新作の初演をはじめとする近現代作品を中心に演奏会を開いているオークストラである。その演奏する音楽のレバートリーの開拓にも積極的に取り組んでおり、定期演奏会だけでも23カ国140曲以上もの曲を演奏してきた。また、多くの演奏会を開くことで、若手からベテランまで現代の作曲家たちにも活躍の場を提供してきた。20数名の楽団員は全員が一流の腕前を持っているという評価されており、定番が多いクラシックに比べ、現代音楽はその演奏機会も限られており、一度きりの演奏もあるため、ぜひとも旬な音楽を旬な時期に堪能していただきたい。現代音楽の新作を発表し続け、演奏の場を提供してきた楽団の存在意義は大きく、若手の発掘、育成でも大きな成果を上げているとして、音楽評論家の間でも注目されている。そんな彼らの気持ちの込もった演奏をぜひ生で聴き、現代音楽に触れてみてはいかがだろうか。演奏会に足を運ぶ際には、普段より少しお洒落をして、気分良く演奏を楽しんでみるのも良いのではか。様々な楽曲を取り入れた演奏は聴いていて心地が良く、現代音楽の新たな歩みを体感でき、今後の音楽に対する考え方も変わってくるかもしれない。

いずみシンフォニエッタ大阪が好きな方はこんなチケットもおすすめ