劇団ショーマンシップとは福岡市にある唐人町商店街の甘棠館Show劇場を拠点とし、福岡県を中心に活動を展開しているローカルタレントである仲谷一志が座長を務める劇団である。拠点となっている甘棠館Show劇場は江戸時代の儒学者である亀井南冥が開いた西学問所である甘棠館と同じ位置に建造された劇場で地元である唐人町商店街で行われるイベントなどにも参加している。1994年10月に設立、主に九州を中心にテレビやラジオなどを中心に幅広い活動を行っており、その演目は地元の歴史を掘り起こした時代劇や家族全員が楽しめるファミリーミュージカルまでと幅広い作品を手がけている。特に人気のある演目は西学問所甘棠館初代館長である亀井南冥の物語である筑前亀門烈伝や地元の古くの歴史にスポットを当てた唐人歌舞伎シリーズ等がある。

劇団ショーマンシップの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

劇団ショーマンシップについて

劇団ショーマンシップとは

劇団ショーマンシップは地元福岡市中央区唐人町商店街に密着した劇団だ。
座長を務める仲谷一志も福岡県を中心に活動を展開しているローカルタレントで、福岡市に本社を置く放送局であるRKBラジオの平日の昼ワイド「歌謡曲ヒット情報」に長年出演しており、幅広い年齢層のリスナーの支持を得ている。

仲谷と劇団員20名と創り出す演目は時代劇からファミリーミュ ージカルと幅広く、特に西学問所甘棠館初代館長である亀井南冥にスポットを当てて描かれた筑前亀門烈伝シリーズや地元の歴史を掘り起こし描かれた唐人歌舞伎シリーズは時代劇ファンのみならず若者にも好評だ。

2015年8月に戦後70年プロジェクトとして制作され、多くの感動を生んで大好評であった「奪われた手紙」が2016年8月に再び、戦時に実際に検閲局があった三大都市(東京・大阪・福岡)出の公演を行う。
8月29日からは福岡公演として劇団ショーマンシップの拠点である甘棠館Show劇場での公演が行われる。
ゲストとして地元九州を愛するタレントであるゴリけんやBUTCH、落語家の立川生志が日替わりで登場する。

戦後まもなくの民間検閲局での物語、心に響くこと請け合いの「奪われた手紙」にぜひ足を運んでいただきたい。

劇団ショーマンシップが好きな方はこんなチケットもおすすめ