昭和レコードTOUR SPECIAL 2017取扱中!昭和レコードは、ラッパーの般若が主宰しているレーベルである。同じくラッパーのSHINGO★西成とZORNが所属している。般若は、テレビ朝日のバラエティ番組「フリースタイルダンジョン」のラスボスとして出演し、フリースタイルのラップバトルを繰り広げている。SHINGO★西成は、発売した1stアルバム「Sprout」がKREVAから高い評価を得るほどの実力者で、KREVAのアルバム「よろしくお願いします」に参加したほどだ。ZORNは、フリースタイルのラップバトルで知名度が上がったラッパーで、昭和レコードの第三の男として加入。毎年様々なツアーやライブを行い、ファンを魅了している。今後も昭和レコードの活躍が楽しみだ。

昭和レコードTOUR SPECIAL 2017

63人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

昭和レコードの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

昭和レコードのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 12:00更新)

昭和レコードについて

昭和レコードの魅力とは

昭和レコードのメンバーは、それぞれ独自の個性を持っている。般若は、男らしい熱いラップが特徴的で、歌詞に英語を使用しないため聞き取りやすく、メッセージが伝わってきやすい。平和を唱える曲を軸にしており、過去には戦争や反戦をテーマにした楽曲を手掛けたこともある。SHINGO★西成は関西弁が強いにも関わらず、なぜか歌詞は入ってきやすい。特に関西では、突出した実力を持つラッパーだ。ZORNは、ありのままの姿を歌で表現するのが特徴的で、彼も英語ではなく日本語の歌詞にこだわりを持っている。そんな彼の曲からは、ヒップホップ界でトップになるという決意が伝わってくる。それぞれの個性が強い昭和レコードだが、3人によって生まれる曲は、より刺激的で胸に響く。

昭和レコードは、所属メンバーだけでなく様々なアーティストともフィーチャリングしている。これまでには、生きる伝説とまで言われているKOHHやWEEDY、MACCHO、NORIKIYOなど、ヒップホップ界を代表するくらいのそうそうたる顔ぶれだ。ライブでも様々な客演が参加しており、オムニバスライブツアーも毎回のごとく大盛り上がりだ。ぜひ圧巻のパフォーマンスをライブというリアルな場で体感してほしい。

昭和レコードが好きな方はこんなチケットもおすすめ