演出家・小林香が創造する人気の舞台、SHOW-ismシリーズを紹介しよう。2010年にSHOW-ism「DRAMATICA/ROMANTICA」が第1弾として世に出た。その独自のセンスと美意識が溢れチケットを手にした観客を魅了。さらには2011年と2012年に連続してSHOW-ismシリーズをそれぞれ2回開催、2013年にはSHOW-ismⅥ「TATTOO 14」が話題をよんだ。そんなSHOW-ismシリーズの原点「DRAMATICA/ROMANTICA」でタッグを組んだ小林香と井上芳雄が再びタッグを組む「SHOW-ism VIII ∞ ユイット」が発表されている。まだ誰も見たことのないSHOW-ismシリーズ史上もっともラグジュアリーな新感覚ショーはチケットを手にした人にしか観れない大人の時間だ。

SHOW-ism VIII ∞ ユイットの日程

28人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

SHOW-ism ユイットの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

SHOW-ism ユイットのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

SHOW-ism VIII ∞ ユイットについて

SHOW-ism VIII ∞ ユイットの魅力とは

日本を代表する京都市出身の舞台演出家、作曲家である小林香。英語表記では「Caori Covahashi」となっている彼女が注目されたのは1996年。高校卒業と同時に設立した「京都フィロムジカ管弦楽団」が国内ではもっとも若い市民オーケストラとして話題となったためだ。その後、ニューヨーク・フィルハーモニックへのインターン留学などを経て東宝とプロデューサー契約を交わした。その際の年齢は26歳でこれは史上最年少である。以降、「レ・ミゼラブル」「マリー・アントワネット」などさまざまな作品に携わった。

SHOW-ism VIII ∞ ユイットが好きな方はこんなチケットもおすすめ