ショートショートフィルムフェスティバルは短編映画を対象とした日本の映画祭である。1999年に俳優の別所哲也らが前身となる「アメリカン・ショートショートフィルムフェスティバル」を立ち上げ、2001年に現在の名称になった。立ち上げに携わった別所哲也は今でも代表を務めるほどこの映画祭への思い入れが深い。毎年世界中から4000を超える作品の応募があり、その中から厳選された200作品ほどが様々にジャンル分けされて上映されている。作品数が多いだけではなく、そのどれもが質が高いという評判を誇っている。アジア地域でこれほど多くの短編映画が集まる映画祭は他になく、ショートショートフィルムフェスティバルはアジア最大級の短編映画祭と言える。

ショートショートフィルムフェスティバルの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ショートショートフィルムフェスティバルについて

アジア最大級の短編映画祭、ショートショートフィルムフェスティバルとは

ショートショートフィルムフェスティバルは短編映画を対象とした日本の映画祭である。
俳優の別所哲也らが立ち上げ、初年度にはジョージ・ルーカス監督が南カリフォルニア大学時代に制作した作品である「電子的迷宮/THX 1138 4EB」が上映され注目を集めた。

若手育成・発掘の側面を強く持ち、2001年に観客賞を受賞したジェイソン・ライトマンはその後「JUNO」や「マイレージ・マイライフ」でアカデミー賞にノミネートされている。映像以外のメディアにも進出を始めており、2014年には映像以外のコンテンツを公募する「プロジェクトBook Shorts」をスタートさせている。大賞には賞金100万円の他ショートフィルム化などの副賞がついており、注目を集めている。

2004年に米国アカデミー賞公認映画祭に認定されたため、ショートショートフィルムフェスティバルでのグランプリ受賞作品は自動的に翌年の米国アカデミー賞短編部門のノミネート候補作品となる。初年度の開催日が1999年6月4日であったことを記念して、6月4日が「ショートフィルムの日」に制定されるほど日本のショートフィルム界に大きな影響を持っている映画祭である。

ショートショートフィルムフェスティバルが好きな方はこんなチケットもおすすめ