流れ星は浅井企画所属のお笑いコンビ。ボケ担当のちゅうえいと、ツッコミ、ネタ作り担当の瀧上 伸一郎からなる2人組コンビ。ちゅうえいが、ネタの初めや流れと全く関係ないところで披露する一発ギャグには、「ガンダム」「エヴァンゲリオン」「ラーメンマン」「俺なりの野球」「オリオン座」「進化」などがよく知られているが、その一発ギャグの数は300個を超えるという。さらに、THE MANZAIで披露し強いインパクトを残した「ひじ神様」も流れ星で人気のネタ。流れ星の地元・岐阜の村祭りで歌われるという設定の歌「ひじ祭り」が評判を呼び、歌手デビューも果たした。評判を呼ぶ流れ星のライブは、チケットが即完売してしまうほどの人気を誇る。流れ星のわかりやすい一発ギャグに、誰もがハマってしまうことだろう。

流れ星の日程

112人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

流れ星の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

流れ星のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

流れ星について

流れ星の魅力とは

流れ星は、「あなたとあなたとあなたとあなたとあなたとあなたとあなたでオリオ~ン座!」などの一発ギャグで人気をあつめるちゅうえいと瀧上伸一郎からなるお笑いコンビ。2人は地元岐阜の高校の同級生で、文化祭で5人組でコントを披露したところ、あまりにもウケたことがお笑いを目指すきっかけとなった。2000年に浅井企画に所属し、2004年フジテレビのイベント東京国際コメディフェスティバル内で開催された「第2回お笑いホープ大賞」で決勝に進出。その後2008年には、「第7回漫才新人大賞 優秀賞」を受賞した。
2013年12月に開催された「THE MANZAI 2013」で、「肘神様」のネタを披露し、人気が急上昇。全国区にその名が知られた。

流れ星の漫才のネタ作りは、瀧上が漫才の基本的な流れや構成を、ちゅうえいがギャグや歌ネタの作成を担当する形で行っている。ボケ担当のちゅうえいの一発ギャグには、「ガンダム」「エヴァンゲリオン」「ラーメンマン」「オリオン座」などが代表としてあるが、その一発ギャグの数は300個を超えるという。また、歯を鳴らして曲を演奏することが特技で、その強いインパクトでお茶の間の人気者となった。

ボケまくるちゅうえいと、ツッコミ担当の瀧上の漫才のやりとりが面白い流れ星だが、単独ライブでは瀧上の右斜め上をいく天然ボケ発言や、ライブ中で一部ネタを忘れたり言い間違いをするなど、素の状態ではちゅうえいより笑いを取ってしまうことが多いのだとか。
テレビでは知られない流れ星の魅力は、ライブにいって堪能しよう。

流れ星が好きな方はこんなチケットもおすすめ