荘村清志は、岐阜県岐阜市本荘出身のギター奏者である。9歳から父である荘村正人にギターを学び、後に小原安正に師事する。1963年に来日したナルシソ・イエペスに認められ、スペインに渡って4年間教えを受けた。1967年にマドリッド王立音楽院を中退し、イタリア各地でリサイタルを行った。1968年にはミラノなどでもリサイタルを行い評価を受けた。帰国後、1969年に日本デビュー・リサイタルを開き人気を集めた。1971年にイタリアで開かれた世界青少年協会国際フェスティバルに日本代表のギタリストとして参加し注目を集めた。北米各都市で28回の公演を行うなど世界的な活躍みせた。1974年のNHK教育テレビ「ギターを弾こう」に講師として出演し、2007年にはNHK教育テレビ「趣味悠々」の講師としても活躍した。

荘村清志の日程

9人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

サンポートホール高松

府中の森芸術劇場

未分類

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

荘村清志の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

荘村清志のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/14 06:00更新)

荘村清志について

荘村清志の魅力とは

クラシックギターの良さを余すことなく表現してくれる荘村清志。岐阜県岐阜市本荘出身である。

父の荘村正人に9歳からギターを教えられ、後に小原安正に師事することになる。1963年に来日したナルシソ・イエペスに認められると、4年間スペインに渡って教えを受けた。1967年にはマドリッド王立音楽院を中退、イタリア各地でのリサイタルを精力的に行った。さらに1968年には、ミラノなどでもリサイタルを行い「テクニック、音楽性ともに第一人者」と評価される。帰国後は1969年に日本デビューとなるリサイタルを行い人気を集めた。1971年にイタリアで開かれた世界青少年協会国際フェスティバルでは日本代表のギタリストとして参加し、注目を集めると、北米各都市で28回の公演を行うなど世界的な活躍をみせた。1974年のNHK教育テレビ「ギターを弾こう」に講師として出演し、2007年にはNHK教育テレビ「趣味悠々」の講師としても活躍している。

1977年と1980年に再びスペインに渡り、イエペスのもとで更なる修練を積み、ヨーロッパ各地でコンサート活動を行った。日本の主要オーケストラとの共演などと、依然として活躍し続けている。さだまさしと共演したコンサートなども行われている。まだ、彼の音楽を耳に入れてない方は是非とも耳を傾けて欲しい。

荘村清志が好きな方はこんなチケットもおすすめ