笑福亭鉄瓶 独演会取扱中!笑福亭鉄瓶は、奈良出身の落語家である。学生時代に師匠である笑福亭鶴瓶の一人舞台やパペポTVなどの「鶴瓶噺」に感銘を受け、2001年笑福亭鶴瓶の12番弟子として入門する。最初は落語ではなく漫談で若手芸人たちと舞台を踏み、番組の前説やテレビ・ラジオのレポーターとして活動を開始した。音楽が好きな彼は特にロックが好きで、2006年エアギター選手権関西大会で2位を獲得する。落語家としては、2013年に「第50回なにわ芸術祭・新人賞受賞」、2016年「第71回文化庁芸術祭」大衆芸能部門新人賞を受賞している。若手落語家の中でも著しく成長が見られ、師匠主催の落語会では東阪に出番を貰い兄弟子を巧みな話術で驚かせている。笑いの伝統芸能をぜひ体感していただきたい。

笑福亭鉄瓶 独演会

8人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

笑福亭鉄瓶の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

笑福亭鉄瓶のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/21 00:00更新)

笑福亭鉄瓶について

笑福亭鉄瓶の魅力とは

笑福亭鉄瓶は落語家である。1978年奈良県香芝市出身で、2001年笑福亭鶴瓶のもとへ弟子入りした。若手落語家でも著しい成長株である彼は、2013年と2016年に新人賞を受賞し演目の幅が一気に広がった。「DAIHATSU MOVE 道頓堀角座」において月1回開催される「角座月夜はなしの会 新型HANASHIKA MOVE」では、大喜利の司会も任せられている。また若手の面倒見もよく、噺家やタレント問わず多くの人に好かれていて、音楽についてもオールジャンル問わず詳しくたくさんのミュージシャンとの交流もしているそうだ。

落語会もさまざまな場所で開催しており、関東ではお江戸両国亭「鉄瓶の東京遊戯2017」、地方では桂佐ん吉と共に「鉄瓶・佐ん吉ふたり会In長崎・福岡」、メインの関西では団体寄席として「楠公さんde神能殿寄席」、「喜楽にらくご」、「角座日中はなしの会」、「角座日中はなしの会 由瓶×鉄瓶~え!?二人で?」、「雀五郎体力強化の会」、「寺内町ろまん亭」、「繁昌亭昼席」など、あらゆる公演から引っ張りだこである。ぜひ生の落語を感じていただきたい。

笑福亭鉄瓶が好きな方はこんなチケットもおすすめ