松竹芸能は、1958年に設立された芸能事務所。本社は大阪府大阪市中央区道頓堀に構えられており、吉本興業と並び上方演芸界の二大プロダクションの一つとして知られている。親会社は、独占的な歌舞伎の興行と映画、演劇の制作、興行、配給を手掛ける松竹株式会社。松竹芸能は同社の連結子会社にあたる。多角的な経営が特徴的であり、タレントだけを抱えるのではなくリポーターやモデル、俳優などを総合的にマネジメントしている。もちろん上方落語を支える春団治一門や松鶴一門をはじめ、ベテランも多く在籍。昨今ではYouTuberなども松竹芸能に所属しており、新しい芸能の形を常に模索し続けている。

松竹芸能の日程

14人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

松竹芸能の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

松竹芸能のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/22 06:00更新)

松竹芸能について

松竹芸能の魅力とは

松竹芸能は、大阪に本社を構える大手芸能事務所。1958年に前身となる松竹新演芸としてスタートし、1962年に現在の名称に商号変更している。演芸部門を主として活動をおこなってきたが、テレビドラマの制作など幅広い業務を展開。、多くのジャンルのタレントをマネジメントする傍ら、劇場の運営などもおこなっている。1968年には、どこよりも早く新人タレントの発掘を目的とした養成所を設立しており、第1回オーディションでは森脇健児や山田雅人などが合格し採用されている。

2017年12月には「松竹芸能タレントスクール 2018年4月生の先行オーディション」が開催され、タレントや女優、子役などコース別のエントリーが可能となっている。看板タレントには、笑福亭鶴瓶やよゐこ、アメリカザリガニ、TKO、堀ちえみ、ますだおかだ、安田大サーカスなどがいる。そのほかにも落語家の春団治一門や松鶴一門、ベテラン漫才師の横山たかし・ひろしや海原はるか・かなた、日本テレビ元アナウンサーの上田まりえ、収納王子コジマジック、キンタロー。などが在籍している。

松竹芸能が好きな方はこんなチケットもおすすめ