松竹新喜劇は、1948年に発足された松竹による喜劇集団。同じく喜劇集団として人気を見せている吉本新喜劇をライバルとし、彼らとは違った路線で人々に笑いを届けている。2009年にはその吉本新喜劇と肩を並べる姿も見せるなど良きライバルとして互いに活動に励んでいる。既に半世紀以上もの歴史を持つ集団であり、これまでに数々の人気タレントを生み出している。藤山寛美、ミヤコ蝶々などもその一人で現在も松竹をはじめ全国で語り継がれている。現在も若手からベテランまで多くの役者が所属しており、特に若手となると未来のスターへの成長も期待がかかる。毎年数多くの公演を行っており、人情劇、笑いを求めて多くの人が足を運ぶ。松竹座、演舞場といくつかのジャンルに分かれて公演しており2017年秋には「錦秋公演」「新秋公演」がそれぞれ公演される。

松竹新喜劇の日程

129人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

松竹新喜劇のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 00:00更新)

松竹新喜劇について

松竹新喜劇の魅力とは

松竹新喜劇とは1948年、それまで分断されていたいくつかの演劇集団を集結させた松竹の喜劇集団である。日本の偉大な人物であり、近代喜劇の立役者としても知られる曾我廼家五郎が本集団の存在に大きな影響を与えており、1946年の彼の逝去に伴い「松竹家庭劇」「新家庭」「五郎一座」が合わさり本集団が誕生した。

当時の発足時のメンバーには曾我廼家一家を中心とした歴代の名のある家系が集まっており、国内でも非常に歴史の深い集団として認知されている。発足から幾度か問題を抱えることはあったがそれでも劇団には常に中心的な人気を見せる存在がおり、藤山寛美、ミヤコ蝶々など現代にも語り継がれる人物が名を連ねている。特に長い間本集団を支えていた藤山寛美はあまりに力が強すぎたせいで一時期は彼のイメージが集団を勝り「寛美の独断専行」の声まで上がったと言われている。彼が亡くなった後はやはり力の強さからピンチに陥る瞬間もあったが、現在は再び人気を取り戻している。

曾我廼家の名を引く役者が現在も所属しているなど歴史の名残を見せながら、新たなスターや作品など常に新旧を上手く融合させた作品を提供している。2017年には2代目渋谷天笑の襲名がスポーツ紙でも取り上げられるなど現在でも変わらず注目を集めている。

松竹新喜劇が好きな方はこんなチケットもおすすめ