1948年の旗揚げから現在に至るまで65年の長きにわたり、吉本新喜劇とともに上方喜劇界を牽引してきた松竹新喜劇。藤山寛美や渋谷天外をはじめとする、喜劇界の伝説の巨人を輩出し、日本の芸能文化の発展に果たした功績は計り知れないほど大きい。2013年に藤山寛美の孫である藤山扇治郎が新たに加入し、創立から65周年をむかえた松竹新喜劇はまた新たな時代を迎えたと言えるでしょう。

松竹新喜劇の日程

54人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

松竹新喜劇の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

松竹新喜劇のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 06:00更新)

松竹新喜劇について

松竹新喜劇の魅力とは

今年は実に16年振りとなる新橋演舞場7月公演が復活し、藤山扇治郎の東京初御目見得となるなど、記念すべき年に明るい話題で大きな注目を集めている。さらに歌舞伎界から坂東彌十郎、そして久本雅美と豪華な顔ぶれが脇を固め、まさに見どころ満載の松竹新喜劇の七月公演。昼公演は「朗らかな嘘(うそ)」「裏町の友情」、夜公演は「船場の子守唄」「お祭り提灯(ぢょうちん)」と、劇団代表である三代目渋谷天外が「おなかの皮がちぎれて帰ることになる」と自信をもって上演するだけに、是非大いに笑わせてくれること間違いないでしょう。もちろん昔からのファンの期待も高く、チケットも入手困難になること間違いないでしょう。まだ本物の上方喜劇を体験した事が無い人は、この機会にチケットをゲットして、喜劇の神髄を体験してみてはいかが?

松竹新喜劇が好きな方はこんなチケットもおすすめ