「したまちコメディ映画祭」は、東京都で毎年開催されているコメディ映画を中心に扱っている映画祭。2017年の開催で第10回を迎える人気イベントであり、東京の下町を舞台に国内映画から海外映画まで幅広く上映している。コメディと一言で言ってもただ面白いという部分だけを見るのではなく、その地域に根付いたものや人間の存在など多方面から捉えた面白い部分を中心に目を向けている。コメディを題材とした映画祭は日本初の試み、その珍しさと日頃映画に興味を抱く映画ファンが足を運んでいる。会場は上野と浅草にいくつか用意されており、いずれも東京の下町として外国人にも人気のエリア。「したコメ」の愛称で徐々にファンを集め、1つの映画祭として毎年注目される存在となりつつある。

したまちコメディ映画祭の日程

317人が登録中

現在登録されている公演はありません

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

したまちコメディ映画祭の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

したまちコメディ映画祭のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/13 18:00更新)

「したまちコメディ映画祭」について

「したまちコメディ映画祭」の魅力とは

「したまちコメディ映画祭」は、東京都台東区から生まれた様々な観点から面白さを追求する映画祭。笑って腹を抱えることだけが面白い、コメディではなく、そこにはもっと深い歴史が存在する。そこに目を向け、邦画から洋画までジャンルを問わず面白い映画をたくさん上映するのがこの映画祭であり、年々世間の映画に対する興味の上昇から本イベントもじっくりと人気を獲得している。

第10回目となる2017年の開催時にも例年以上の上映作品を取り揃えており、邦画からはリリーフランキー出演「blank13」、洋画ではアン・ハサウェイ主演「シンクロナイズドモンスター」などを上映している。他にも「没後40年チャップリン特集」やシネマ歌舞伎など実に多彩なプログラムとなっている。まさに新旧のコメディ映画を取り揃えた内容となっており、映画マニアからまだまだ入りたての映画ファンまで多くの人が楽しめる内容となっている。ワークショップやお笑いライブも同時に開催、映画祭の枠を越えたイベントとなることでより多くの人を集めることができる。東京の下町全面協力で行われるこのイベント、映画のさらなる発展はもちろんだがそれ以上に地元地域の貢献に大きく役立っている。年々話題性を増す映画祭であり既に恒例の映画祭ともなっている。

したまちコメディ映画祭が好きな方はこんなチケットもおすすめ