もののふシリーズ 最終章 駆けはやぶさ ひと大和取扱中!もののふシリーズは、脚本家、劇作家、演出家を務める西田大輔が手掛ける舞台シリーズである。本作は、2015年に舞台「武士白虎~もののふ白き虎~」からスタートした舞台シリーズとなっており、2016年に舞台「瞑るおおかみ黒き鴨」が上演され、そのシリーズ最終章となる「駆けはやぶさ ひと大和」が2018年2月から上演される。第1作目は幕末を舞台に白虎隊を描いた作品となっており、注目の俳優陣が集結したこともあって大きな話題を集め、第2作目では舞台を西南戦争に移し、新撰組の斎藤一を主軸とした作品となっている。そして第3作目では、新撰組隊士の中島登が主人公となり、剣ではなく筆を愛した男が散っていった新撰組の想いを姿絵に残す物語となっている。

もののふシリーズ 最終章 駆けはやぶさ ひと大和

631人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

天王洲 銀河劇場

森ノ宮ピロティホール

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

もののふシリーズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 12:00更新)

もののふシリーズについて

もののふシリーズの魅力とは

もののふシリーズは、2015年からスタートした舞台シリーズである。作・演出を手掛けるのは脚本家、劇作家、演出家である西田大輔であり、本舞台シリーズを通して「一貫して多くの英雄が1人の人間として、人と対峙する姿」を描き、多くの観衆を感動の渦に巻き込んだ。 第1作となる舞台「武士白虎~もののふ白き虎~」が上演されたのは2015年であり、本作では幕末を舞台に白虎隊を描いた作品となっており、2.5次元俳優として活躍する安西慎太郎や今や若手注目株の代名詞的俳優の横浜流星が出演し、大きな注目を集めた。また第2作目となる舞台「瞑るおおかみ黒き鴨」は、翌2016年に上演された作品であり、戊辰戦争を生き延びた斎藤一を軸に、新政府軍と薩摩藩の戦いや人間ドラマが描かれている。多くの舞台作品で活躍し、「仮面ライダー鎧武/ガイム」で話題を呼んだ青木玄徳が出演している。 そして、本シリーズ最終章となる第3作目「駆けはやぶさ ひと大和」が2018年2月から上演され、大きな注目を浴びている。本作では、初の舞台単独主演となるDa-iCEの花村想太が主人公で新撰組隊士の中島登役を担当し、前作で斎藤一役を演じた青木玄徳が同役で引き続き出演する。

もののふシリーズが好きな方はこんなチケットもおすすめ