Osaka Shion Wind Orchestraは、大阪市を中心として全国的に活動しているプロの吹奏楽団である。前身は大阪市音楽団で1923年に設立。日本では一番長い歴史を誇るプロの交響吹奏楽団で大阪での公演はもちろんのこと、全国各地での演奏会や講習会、全日本吹奏楽コンクール課題曲音源の録音・録画、大相撲春場所千秋楽の式典演奏など様々な音楽活動をおこなっている。東京佼成ウインドオーケストラ、シエナ・ウインド・オーケストラと並んで日本三大吹奏楽団とうたわれている同楽団。最近では「ドラゴンクエストコンサートin神戸」が開催され全席完売・立ち見券までも完売し大成功を収めた。好評につき続編としての「ドラゴンクエストコンサートin神戸」が開催されることも決定している。

Shion(大阪市音楽団)の日程

29人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

周南市文化会館他2会場

紀南文化会館他2会場

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Shionのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 06:00更新)

Osaka Shion Wind Orchestraについて

Osaka Shion Wind Orchestraの魅力とは

Osaka Shion Wind Orchestraは、大阪市を中心として全国的に活動しているプロの交響吹奏楽団である。2014年3月までは大阪市が直営事業として運営していたが、同年4月から一般社団法人に移行し2015年現在のOsaka Shion Wind Orchestraへと改名している。

2014年から音楽監督を務めているのは宮川彬良。宝塚歌劇団、劇団四季、その他ミュージカルや東京ディズニーランドのショーの音楽など多岐に渡り音楽を提供している。また松平 健の歌う「マツケンサンバⅡ」は宮川が作曲・編曲を手掛けている。父の宮川 秦も作曲家であり、代表作には「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」などがある。正指揮者は西村 友。2017年から就任している。東京音楽大学で指揮者や作曲に転向し、管弦楽、吹奏楽、ミュージカル、オペラ、バレエと様々なジャンルでタクトを振ってきた。劇団四季の「ライオン・キング」では初演の1998年から14年にわたり指揮者として務めている。芸術顧問は秋山和慶。1964年東京交響楽団で指揮者としてデビューし、大阪フィルハーモニー交響楽団、バンクーバー交響楽団音楽監督など歴任し2003年から芸術顧問として務めている。2001年に紫綬褒章、2011年に旭日小綬章を受賞している。

Shion(大阪市音楽団)が好きな方はこんなチケットもおすすめ