篠崎史紀は、NHK交響楽団のコンサートマスターとして活躍しているヴァイオリニストだ。ファンからは「マロさん」という愛称で親しまれている。3歳よりヴァイオリンを習い、高校生の時に毎日学生音楽コンクール全国大会で第1位を獲得するなど早くからその才能を高く評価される。1981年から8年間にわたりウィーン市立音楽院に留学し、ヨーロッパの主要コンクールで受賞実績を重ねた。1997年にNHK交響楽団のコンサートマスターに就任し、ソリスト・室内楽奏者・指導者として国内外で活躍している。2004年より王子ホールの看板コンサートとして人気を集めている「MAROワールド」では、毎回一人の作曲家を取り上げ、実力派の若手アーティストたちとともに演奏を繰り広げている。篠崎史紀のヴァイオリンの華麗なる調べに耳を傾けてみよう。

篠崎史紀(まろ)の日程

3人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

篠崎史紀について

華麗なるヴァイオリンの調べ、篠崎史紀の魅力とは

「まろさん」のニックネームでファンから愛されているヴァイオリニスト篠崎史紀は、現在NHK交響楽団の第1コンサートマスターとして国際的に活躍するヴァイオリニストだ。幼少の頃より両親の手ほどきを受けヴァイオリンを学び、15歳で毎日学生音楽コンクール全国大会高校生の部第1位に輝き、16歳の時には史上最年少で北九州市民文化賞を受賞するなど、早くから天賦の才能が注目を集めた。1981年にウィーン市立音楽院に留学し、音楽院のオーケストラと共演を行い、メディアからその実力を高く評価される。

1984年にはタコマ国際音楽祭でアメリカ・デビューを果たし、以来欧米を中心に演奏活動を展開しキャリアを積んできた。1988年に帰国後、群馬交響楽団、読売日本交響楽団のコンサートマスターを経て、1997年にNHK交響楽団のコンサートマスターに就任し、「N響の顔」として活躍している。2004年から「まろ」プロデュースによる企画コンサート「MAROワールド」を開催し、若手演奏家とともに毎回一人の作曲家を取り上げ演奏を披露し、人気を博している。2017年1月には30回目となる「MAROワールド」が開催される。豊穣なるクラシックの名曲の調べを楽しんでいただきたい。

篠崎史紀(まろ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ