神野美伽は大阪府出身、TOI LA VIEに所属する演歌歌手である。高校卒業後、1984年に「カモメお前なら」でデビュー。1987年、6枚目のシングル「浪花そだち」と2003年の31枚目のシングル「浮雲ふたり」でNHK紅白歌合戦へ出場を果たしている。またデビュー当初は「週刊プレイボーイ」などでグラビアにも露出しており、グラビアアイドル顔負けのスタイルを披露していた。大の韓国好きということでも知られており韓国デビューも達成。2001年にはNHK教育の「アンニョンハシムニカ・ハングル講座 歌うハングル酒場コーナー」へも出演している。神野美伽は歌だけでなく時代劇などのドラマにも出演。非常に幅広いジャンルで活躍する演歌歌手だ。

神野美伽の日程

8人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

神野美伽のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 12:00更新)

神野美伽について

神野美伽の魅力とは

大阪府出身、TOI LA VIEに所属する演歌歌手 神野美伽。演歌歌手というと堅いイメージが付きがちであるが神野美伽は少し異色だ。紅白にも出場する歌手でありながら「週刊プレイボーイ」などでグラビアにも露出。グラビアアイドル顔負けのスタイルは話題となった。大の韓国好きということでも知られており、韓国デビューも果たし、2001年にはNHK教育の「アンニョンハシムニカ・ハングル講座 歌うハングル酒場コーナー」へも出演している。この他にも「大岡越前 」や「水戸黄門」などテレビドラマへも出演した。

2008年に独立した神野は個人事務所となる「TOI LA VIE」を設立。演歌ではなく大好きなシャンソンから名付けたという名前も神野らしいと言える。この年にテレビアニメ「はじめ人間ギャートルズ」のエンディングテーマとして知られる「やつらの足音のバラード」などを収録したアルバム「そして…私」をリリース。神野美伽は動物愛護のも力を入れており、ペットの保護や里親探しなどの活動もしている。病気のペットを引き取ることもあり、その思いはエッセイなどでも表現されている。ニューヨークでの演歌ライブなども活発に行い、現在は歌番組への出演、イベントへの参加、ディナーショーの開催など幅広く活動を続けている。

神野美伽が好きな方はこんなチケットもおすすめ