日本のメディアのお笑い界の雄、よしもとクリエイティブ・エージェンシー。その笑いの根幹となっていると言ってもいいのが 吉本新喜劇 である。1959年3月1日「吉本ヴァラエティ」として発足。当初は当時の既存のスターに頼っていたが、自前のスターが出てくるようになった。当時は大阪にある「なんば花月」と「うめだ花月」、京都にある「京都花月」、それぞれの吉本直営の演芸劇場で上演され、さらには関西圏では土曜日昼にテレビ放映されることで世間ではかなり高い認知度を得ることとなる。しかし劇場の老朽化と閉鎖と同じくして新喜劇人気も下火となった。それを逆手にとり「新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」で全国のメディアに取り上げられ復活を果たす。ドタバタ中心のナンセンス軽演劇は「漫才芝居」と形容され、現在は「なんばグランド花月」で本公演が行なわれ、地方公演巡業での公演もある。

吉本新喜劇の日程

3,563人が登録中

すべての公演 出品中 (332) リクエスト中 (36)

もっと見る(67件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

吉本新喜劇のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

吉本新喜劇について

吉本新喜劇の魅力とは

チケットを購入して公演を見に行けば緞帳が上がる際に必ず流される誰もが知る吉本新喜劇のテーマ曲だけでもう笑いたくなってしまう。東京ではルミネtheよしもとでルミネ新喜劇として比較的若手のメンバーで構成されたものが不定期で公演され、また過去には「すっごい吉本新喜劇LA&JAPANツアー」として海外でも公演するなど非常に精力的に活動している。チケットをゲットして本場大阪の笑いを堪能してみてはいかがだろうか。

吉本新喜劇が好きな方はこんなチケットもおすすめ