ミュージカル「わたしは真悟」の原作は1982年に発表された、楳図かずおによるSF長編マンガだ。本作は「神や意識とは何か」といった形而上学的なテーマが特徴的な作品で、熱狂的なファンを獲得した。今回ミュージカル版の演出・振付を担当するのは、アルベールビル冬季五輪の開閉会式の演出を務めたフィリップ・ドゥクフレ。キャストは高畑充希(山本真鈴役)・門脇 麦(近藤 悟役)・小関裕太(ロビン役)大原櫻子(しずか役)・成河(真悟役)が務める。個性輝く登場人物が繰り広げる、まだ誰も出会ったことがないミュージカルがここに誕生する!

わたしは真悟の日程

624人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

わたしは真悟のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 06:00更新)

わたしは真悟 について

わたしは真悟 の魅力とは

1982年に発表された、楳図かずお原作「わたしは真悟」がミュージカル化!これは週刊ビッグコミックスピリッツで連載されたSF作品であり、真鈴(マリン)と悟(サトル)の一途な愛を描いた物語である。形而学上的なメッセージやロボットの日本社会への影響など、深く考えさせられる作品となっている。演出・振付はアルベールビル冬季五輪の開閉会式の演出を務めた、フィリップ・ドゥクフレが担う。さらに演出協力として、KAAT神奈川芸術劇場 芸術監督の白井 晃も参加する。そしてトクマルシューゴ・阿部海太郎が音楽を担当するとあって、さらに注目が集まっている。

気になるミュージカルのキャストは、歌手の高畑充希(山本真鈴役)・ドラマ「美咲ナンバーワン!!」でデビューした門脇麦(近藤悟役)、ドラマ「ごめんね青春!」村井守役などで知られる小関裕太(ロビン役)、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」理子役の大原櫻子(しずか役)、そして成河(真悟役)だ。そして2017年1月にかけて全国5カ所で上演される予定である。

放課後には作業用ロボットで一緒に遊んでいた真鈴と悟。惹かれ合う二人だったが、ある日真鈴の父親の海外転勤が決まり…自我を持ったロボットの視点から語られる物語。産業用ロボット運命と二人の恋の行方は…?

わたしは真悟が好きな方はこんなチケットもおすすめ