SHINeeBoA東方神起少女時代らを輩出した韓国のSMエンターテイメント所属の5人組ダンスボーカルグループ。長い下積み時代を経て、2008年に韓国で「お姉さんは可愛い(ヌナノムイエッポ)」でデビュー。お姉さんたちの輝くシャイニーとしてたちまち人気を集めた。韓国内での新人賞をはじめ、さまざまな大賞を受賞し国民的アイドルグループとなった。その後2010年に「Replay〜君は僕のeverything〜」で日本デビューを果たし、東京国立代々木第一体育館で日本初のワンマンライブ「SHINee The 1st Concert in Japan」を行い、昼・夜公演で観客合計2万4000人を動員した。昨年2014年には「SHINee WORLD2014〜I’m Your Boy〜」を開催。韓国や日本にとどまらず、7カ国で単独ワールドツアーを成功させた。「こんにちは!輝くシャイニーです!」と元気いっぱいのSHINeeだが、音楽性・ファッション性の溢れるステージパフォーマンスは、アイドルならぬカリスマ性を感じる。卓越した歌唱力はもちろん、ダンス技術も一流で、5人の呼吸が一体となったダンスパフォーマンスは必見である。日本でも有名なダンサー仲宗根梨乃、s**t kingzや、故マイケルジャクソンの振り付けをしていたとしても知られているアメリカ人ダンサーのトニー・テスタが振り付けをするなど、その斬新な振り付けのダンスがまたSHINeeの魅力を存分に引き出している。2014年9月に発売した日本での3rdアルバム「I’m Your Boy」では、自身初のオリコン週間1位を獲得した。2016年もコンサートツアー「SHINee WORLD 2016 D×D×D」が開催される。

SHINee(シャイニー)の日程

14,254人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

SHINeeのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

SHINee (シャイニー)について

トレンド発信源!時代の中心で活躍するSHINeeの自然体ライブの魅力とは

2015年でデビュー7年目を迎えるSHINee。韓国でのデビュー当時、SHINeeメンバーの平均年齢は16.4歳。グループ最年少のテミンは当時まだ14歳だった。今ではK-POPアイドルを代表するグループへと成長したSHINeeだが、デビュー当時はまだ学校にも通いながら活動をしていたため、ハードなレッスンやスケジュールをこなし、並ならぬ努力をしてきた。

「お姉さんは可愛い(ヌナノムイエッポ)」でデビューしてから、お姉さんの輝くSHINeeとしてだけでなく、若者のトレンドアイコンとしても名を成している。SHINeeのポップでおしゃれなファッション性や、型にはまらないその斬新なコンセプトが、自然体のSHINeeの魅力を引き出しており、時代をリードする存在となった。SHINeeのファッションやヘアスタイルを真似する若者も続出している。

SHINeeを好きになれば好きになるほど、メンバーひとりひとりの魅力を感じられる。リーダのオンユのその歌声からも感じられる温厚な性格や、歌唱力の高い完璧なジョンヒョンの時折みせる涙もろさ、SHINee1番のおしゃれ番長としても知られるSHINeeの万能鍵のキー、炎のカリスマのネームを持つ負けず嫌いのミンホ、可愛いらしいヴィジュアルからは考えられないほどのダンススキルを持つ末っ子のテミン。デビュー当時から共同生活をしてきたというSHINeeのメンバー5人のまるで家族のような絆や、仲の良さはライブでも感じられるだろう。

そんなSHINeeのライブは、ファンクラブに入っていないとなかなかチケットの入手が難しいともいわれている。韓国、日本だけでなく世界で輝き続けるSHINeeのステージパフォーマンスはぜひともライブ会場で体感したい。

SHINee(シャイニー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ