新橋演舞場とは、90年以上の歴史を持つ東京の劇場である。落語を始め伝統文化、音楽ライブ、ミュージカルなど様々な催し物を開催しており、東京で日本の文化に触れる場として多くのファンを集めている。非常に長い歴史を持つ建物であり、第二次世界大戦の際には空襲でそのほとんどを失っている。その後復興され現在では最新設備を備えたラグジュアリーな空間を披露。設備は現代の最先端をいきながら、その中で披露される伝統芸能は当時の世界を思い起こさせる。芸能に加え食事に関しても強いこだわりのもとに作られており、劇場内の食堂はもちろんのこと弁当を自宅まで届けるサービスまで行っている。すぐ隣に築地市場があることから、毎日新鮮な食材を仕入れることが可能。心と身体の全てにこだわった伝統的で最先端の劇場となっている。

新橋演舞場の日程

105人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

新橋演舞場の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

新橋演舞場のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/25 00:00更新)

新橋演舞場について

新橋演舞場の魅力とは

新橋演舞場とは、1925年に建てられた日本の伝統文化の発信を行う劇場。その当時関西地方には多くの劇場が存在したが、一方で東京には目立った劇場がなかった。そこに目を付けた村徳太郎は、本劇場の設立へと動き出す。何もない空き地に建てられたのは3階建ての大きな劇場。残念ながら空襲で焼失してしまったが、その後見事な復活を遂げている。再建の際も以前と同じ3階建てとなり、さらに地下2階と合わせて5つのフロアからなっている。90年の歴史を最先端の建物の中に閉じ込めた非常に心地よい空間を作っており、女性にも年配方にも優しい作りとなっている。

落語からミュージカル、歌舞伎まで日本の伝統芸能を幅広く公演。毎年趣向を凝らした多彩な作品を公演しており、2017年には8月に大竹しのぶ主演のミュージカル「にんじん」、9月には松竹新喜劇、10月には人気作品ワンピースを歌舞伎で再現した「スーパー歌舞伎セカンド ワンピース」など話題作からお馴染みの顔まで多くの作品を取り揃えている。公演作品、最先端設備、料理、これだけ多くの部分に力を入れるのは伝統芸能への尊敬と劇場離れが進む業界への懸念であり、馴染みのある年配方からまだ知らない若者まで多くの層を取り入れるためでもある。決して失くしてはいけない芸能を支える重要な柱と言えるだろう。

新橋演舞場が好きな方はこんなチケットもおすすめ