品川恵子は株式会社エ・ネスに所属する女優である。演劇指導で有名な伊藤正次氏、岡田正子氏に師事、劇団ハーフムーンシアターカンパニーでの活動を経て、小劇場から明治座や三越劇場などの舞台を中心に活躍しており、ひとり芝居「夜明けの螢〜幾松」、里見浩太朗特別公演 「花かんざし」、ひとり芝居「宇野千代物語〜駆け出しお千代」など多数出演している。日舞(花柳流)や歌を特技とし舞台活動に活かしている。またテレビ朝日の「相棒」や「はぐれ刑事純情派」、「鑑識特捜班・九条礼子」のテレビドラマや「舞妓Haaaan!!!」や「借王シャッキング」などの映画にも出演し活躍している。

品川恵子の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

品川恵子について

品川恵子とは

品川恵子は明治座や三越劇場などの舞台を中心に活躍する女優である。
東京を代表する劇場である明治座では大物演歌歌手五木ひろしの特別公演 「雨あがる」や時代劇界の重鎮里見浩太朗の特別公演「花かんざし」、女性演歌歌手石川さゆりの特別公演「長崎ぶらぶら節」などに出演する。
三越日本橋本店内本館6階にある三越劇場では幕末の京都で長州の桂小五郎があいした舞妓、幾松の物語、ひとり芝居「夜明けの螢〜幾松」、幕末の志士、坂本竜馬の妻おりょうのひとり芝居「坂本龍馬の妻〜おりょう」などの舞台を行った。

そして2016年7月から三越劇場で公演されるのは伊藤博文をはじめ、時の権力者、政府高官に贔屓されるほど技芸に優れた女優川上貞奴の物語、ひとり芝居「海を渡って~女優 貞奴」が公演される。
女優として名声を得て新派劇の父と称される夫川上音二郎の残した劇場帝国座を守るために奮闘する。
原作に劇団ショーマの代表者である高橋いさを、脚色に小嶋次郎、演出に大谷朗を迎える。
演技力に定評のある品川 恵子が戦前に活躍した伝説の女優川上貞奴の波乱に満ちた人生を舞台で演じる。
品川 恵子の熱のこもった演技をぜひ三越劇場で生で味わっていただきたい。

品川恵子が好きな方はこんなチケットもおすすめ