佐陀神能とは島根県松江市鹿島町にある佐太神社に伝承される9月の例祭「御座替祭」で行われる神事芸能である。神霊の座する場所である神座のござを敷き替える「御座替祭」の中で行われ、古い猿楽能の影響を受けた七座神事、式三番、神能の舞の3つの神事舞で奉納している。1976年には古くから継承されてきた衣食住、生業、信仰、年中行事などに関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術などの中でも特に国が重要だと認めたものに指定する重要無形民俗文化財に指定、2011年には、国際連合教育科学文化機関であるユネスコの事業の1つである無形文化財を保護対象とすることを目指した無形文化遺産に登録された。

佐陀神能の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

佐陀神能について

佐陀神能とは

佐陀神能は島根県松江市鹿島町の佐太神社で行われる神事だ。
佐太神社は奈良時代に完成された出雲国の風土記である「出雲國風土記」や平安時代中期に編纂された「延喜式」にも記載されている由緒正しい古社で荘厳な出雲造りの御本殿三社は国指定重要文化財にとなっている。

「神在の社」と言われている佐太神社は、出雲國数社で執り行われる八百万の神々が集まる神在祭のなかでも文献上最も古くかつ古い形を受け伝えられている。
佐陀神能は神霊の座する場所である神座のござを敷き替える「御座替祭」で行われる神事で毎年9月の24、25日に行われ24日の御座(茣蓙)替神事の夜には七座の神事、25日の例祭には御座替神事を奉祝して,七座の神事である「式三番」といわれる神能が境内の神楽殿で行われている。
この形式で行われている神事舞の歴史はとても古く「出雲流神楽の源流」と呼ばれており全国各地に伝わる里神楽に大きな影響を与えたと言われている。

1976年には国の重要無形民俗文化財、2011年にはユネスコの無形文化遺産に登録されている。
神社が多く存在する島根県出雲のなかでも古く歴史もある佐太神社で行われる佐陀神能、拝見する機会が極めて少ない神事なのでぜひ足を運んでいただきたい。

佐陀神能が好きな方はこんなチケットもおすすめ