志村けん一座 第12回公演 志村魂 先づ健康取扱中!志村けんは、1972年から活動しているお笑いタレントである。1950年2月20日生まれで東京都東村山市出身である。後に地元の「東村山音頭」を披露し、一躍人気者となったことは広く知られている。1968年の高校卒業間近に音楽バンドとして活躍していたザ・ドリフターズ(いかりや長介、加藤茶、高木ブー、仲本工事、荒井注)の付き人として活動していたが、1974年に荒井注の脱退と入れ替わりでメンバーとして正式加入している。以降、加藤茶との「ヒゲダンス」や「カラスの勝手でしょ〜(童謡「七つの子」の替え唄)」などで人気を博し、自身をメインとした「志村けんのだいじょうぶだぁ」や「志村けんのバカ殿様」などで活躍するようになった。

志村けん一座 第12回公演 志村魂 先づ健康

477人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

志村けんのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/26 18:00更新)

志村けんについて

志村けんの魅力とは

志村けんは、ザ・ドリフターズのメンバーでありお笑いタレントである。厳格な家庭で育つが、テレビから流れるお笑い番組を見ている時だけ日常から解放される感覚を得ており、中学時代には本格的にお笑いを仕事にすることを決意する。1968年にザ・ドリフターズの付き人からスタートし、1974年には正式メンバーとして迎え入れられると、瞬く間に人気者として活躍するようになる。1976年に地元の「東村山音頭」のヒットを機に、1979年の加藤茶との「ヒゲダンス」など、当時絶大な人気を博すことになった。1990年代には「志村けんのだいじょうぶだぁ」や「志村けんのバカ殿様」など自身の冠番組を持つようになり、ドリフ以外のタレントの活動が多くなった。2000年代に入ってからは、研ナオコとのデュエットやハロー!プロジェクトのミニモニ。と共に「バカ殿様とミニモニ。姫」として活動していた。また、現在も放送されている動物バラエティ番組「天才!志村どうぶつ園」が2004年からスタートし、今尚人気を誇っている。そのほか自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「志村けんのFIRST STAGE」や舞台など、テレビ以外での活動も続けている。

志村けんが好きな方はこんなチケットもおすすめ