清水和音は、若くして国際コンクールにて優勝を飾る天才ピアニスト。20歳という若さでフランスはパリで開催されたピアノコンクールにて優勝。以降も度重なる好成績により世界的な評価を獲得する。幼少期から音楽に触れることでその才能を開花させており、桐朋学園の子供のための音楽教室や桐朋女子高等学校の音楽科を経てスイスの音楽院へと進んでいる。常に高い教育機関にて学び才能を伸ばし多数の賞を受賞。1982年にはデビューリサイタルを開催し、以降も多くの場面で支持を獲得している。高い実力を持ち現場にて活動を展開しながら現役ピアニストとして解説を務めることもある。デビュー当時からショパンの演奏が日課となっており、現在でも音楽に対する探求心は忘れず常に一線で活躍する音楽家となっている。

清水和音の日程

12人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

紀尾井ホール他1会場

ザ・シンフォニーホール

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

清水和音のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/21 00:00更新)

清水和音について

清水和音の魅力とは

1982年にデビューした清水和音。2016年にはデビュー30周年となる日本を代表する音楽家だ。デビューの前年にはフランスはパリで開催された「ロン=ティボー国際コンクール」にてピアノ部門で優勝。全世界へと轟く演奏を披露し受賞と共に高い評価を獲得する。デビュー後は数々の有名オーケストラと共演を果たしながら日本国内でも音楽家として活躍。これまで彼が共演してきたのは、ロンドン交響楽団、キーロフ歌劇場フィルハーモニー管弦楽団、シドニー交響楽団などいずれも世界的な地位を獲得している有名オーケストラ。

CDやリサイタルで演奏を披露しながら他楽団へと招待を受けての演奏など国内外で多くの活動を展開しており、彼の持つ音楽性は並みのものではない。既に世界的、そしてベテランの域へと辿り着いている彼であるが、2016年から2ヵ月ごとのコンサート「芸劇ブランチ・コンサート」と題したシリーズを開催。同時に2018年までを予定されているリサイタル「ピアノ主義」も開催しており、今だ現役で演奏家として活動している。日課ともなっているショパンには強い想いを抱いており、リサイタルでも度々ショパンが演奏される。現在では自身の演奏活動に加え、教授を務めながら若手の育成にも当たっている。

清水和音が好きな方はこんなチケットもおすすめ