Shimapro(シマプロ)は、2015年に設立された企画制作会社。2016年8月に劇団ショーマを主宰する高橋いさをの代表作「Bank Bang Lesson!!」で旗揚げした。演出・脚本を務める白柳 力が原作を大胆に脚色し、防犯中の銀行を舞台に、銀行員と犯人役の警備員たちが繰り広げるドタバタ騒動劇が観客の爆笑を誘った。2017年3月には舞台第2弾「オトメのオモチャ」を上演。テレビ朝日系ドラマ「狙撃」の脚本を担当した保⽊本真也が演出・脚本を手がけ、女性お笑いコンビたんぽぽの白鳥久美子を主役に据え、乙女ゲームの企画書作成を巡る現実と妄想を行ったり来たりのラブコメディ劇を披露。独特の発想と抜群のテンポの舞台展開を特徴とするShimapro(シマプロ)の舞台が人気を呼んでいる。

Shimapro(シマプロ)の日程

21人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Shimaproの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Shimaproのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 18:00更新)

Shimapro(シマプロ)について

Shimapro(シマプロ)の魅力とは

舞台やイベントを通してすべての人が笑顔になれることを目標に、2015年に設立された舞台制作会社Shimapro(シマプロ)。好きなことを好きなだけするという自由な気風のカンパニーとして、個性溢れる独自のアイディアと行動力でイベントや舞台制作に取り組んでいる。

2016年6月に、Shimapro(シマプロ)主催の初イベント「Freedom Event Vol.1」を開催。劇団X-QUEST に所属する俳優・清水宗史のMCの下、4人の若手俳優たちが登壇し、それぞれ自慢のトークや特技などを披露。出演者たちが、思い思いのパフォーマンスを繰り広げる何でもアリの自由なイベントとして話題となった。

2017年8月には、Shimapro(シマプロ)主催の第3作目の舞台「止まれない12人」が上演される。俳優としても活躍する演出・脚本家の後藤ひろひとが脚本を担当し、ナイスコンプレックス所属のキムラ真が脚色・演出を手がける。西暦20XX年、時速500キロで走る夢の新幹線「雷神号」が完成。プレミアム試乗会のチケットを手に入れた11人と車掌の12人を乗せて疾走する「雷神号」。しかし、突然制御不能に陥り、乗客たちの懸命の努力も虚しく事態はさらに悪化。果たして「止まれない12人」は絶体絶命の危機から脱出できるのか…。スリリングなエンターテインメント劇を思う存分楽しんでほしい。

Shimapro(シマプロ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ