椎名慶治は、ハイウィンドプロダクションに所属している歌手である。代表作は、2012年1月リリースの「Giant Step」。その他、「ENDLESS PLAY」や「Giant Step Rock'n Roll States edit」と、「仮面ライダーフォーゼ」の主題歌や映画の挿入歌にも携わっている。作詞家としても活動をおこなっており、アーティストへの歌詞提供も多い。今までに歌詞提供をしたのは、タッキー&翼の「Journey Journey〜ボクラノミライ~」、喜多修平の「Breakin' through」や「一斉の声」などがある。歌手だけでなく、作曲家としても実力のある椎名慶治の活躍に今後も期待したい。

椎名慶治の日程

92人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

椎名慶治のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 12:00更新)

椎名慶治について

椎名慶治の魅力とは

椎名慶治は、高校生で出会った永谷喬夫と卒業後にSURFACEを結成し、ボーカルとして活動していた。1998年にユニバーサルミュージックからシングル「それじゃあバイバイ」でメジャーデューするが、事務所の移籍や契約終了を経て2010年にソロ活動をスタートさせ、同年にミニアルバム「I」でソロデビューを果たした。2011年にはAstronautsを結成し、「仮面ライダーフォーゼ」のエンディングテーマ曲を担当するなど活躍を見せた。

椎名慶治の魅力は、椎名慶治しか作れないオリジナリティ溢れる楽曲だ。親しみやすいメロディに独特な歌詞とアレンジがマッチした楽曲を手掛けており、多くのファンを魅了している。ライブ活動も数多く行っており、イベント出演も積極的だ。特に、2016年に開催されたアコースティックライブ「MY VOICE IS MY VOICE」は、3rdアルバム「MY LIFE IS MY LIFE」に収録された楽曲の音源が披露されたことで話題に。歌の魅力が最大限に表現されたライブで、チケットもソールドアウト。さらには、急遽追加でチケットが販売されるほど人気を集めた。ライブでしか味わえない椎名ワールドを、ぜひ生で体感してみてほしい。

椎名慶治が好きな方はこんなチケットもおすすめ