椎名鯛造は、岐阜県出身の俳優である。テレビ放送、2001年NHK「中学生日記」、2002年「キッズウォー3」で子役を経験後、2008年「遙かなる時空の中で 舞一夜」のイノリ役で初舞台に挑戦する。この後もテレビ、映画、舞台では数々の作品に出演をし、幅広く活動している。2017年6月の舞台「天下無敵の忍び道」には信羅役で出演。2017年8月、シリーズ第13作目斬劇「戦国BASARA~小田原征伐~」には猿飛佐助役で出演する。どちらの舞台も迫力のある激しいアクションがあり、舞台上の椎名のスピーディーなアクションに魅了されることだろう。子役から止まることなく加速し続け、精力的に活動する椎名鯛造から目が離せない。

椎名鯛造の日程

83人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

椎名鯛造のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/19 12:00更新)

椎名鯛造について

椎名鯛造の魅力とは

椎名鯛造は、熊澤尚人監督の「ダイブ!!」で井上大介役として2008年に映画デビューした俳優。舞台は2009年「パッチギ!」のチェドキ役、2009年「戦国BASARA」の森 蘭丸役、2010年「ネバーランド」のピーターパンの影役、テレビドラマでは、2010年「タンブリング」の河野 隆役、2010年NHK「まっつぐ」の豆蔵役など数多くの作品に出演している。バック宙、ロンダートバック宙などアクロバットも得意としており、その身体能力の高さも舞台作品に出演する上で重要なポイントとなっているのであろう。

シリーズ第12作目斬劇「戦国BASARA~関ヶ原の戦い~」に続く「戦国BASARA~小田原征伐~」では、猿飛佐助役を演じる。CAPCOMの人気ゲーム「戦国BASARA」の舞台版として人気を博すこの作品。前作を超える迫力のアクションが見どころだ。出演は椎名のほか、眞嶋秀斗、松村龍之介、中尾拳也、沖野晃司、井上正大、椎名鯛造、白又敦、伊藤裕一、 橘龍丸、寺山武志などといった顔ぶれ。ここでも椎名のアクロバティックな凄技が見られることだろう。

これまでに出演してきた作品は数知れず。さまざまな役を演じてきた彼の経験値の高さは誰よりも高いはずだ。今後の活躍を期待しよう。

椎名鯛造が好きな方はこんなチケットもおすすめ