死と乙女』は、1991年ロンドンで初演の幕が開きました。シューバルトの同名戯曲をモチーフに、鬼才アリエル・ドーフマンが、1990年に作り上げた心理サスペンス戯曲である。『死と乙女』はその後、1992年にローレンス・オリヴィエ賞最優秀戯曲賞を受賞し、同年ブロードウェイで上演されると心理駆け引きの緊迫感や、息を呑むセリフ回しで話題になり、演劇ファンの間でチケットが取り難い公演となった。ブロードウェイで主演女優をやったグレン・クローズに、その年のトニー賞において最優秀女優賞が送られた作品でもある。

死と乙女の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

死と乙女の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

死と乙女のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

死と乙女について

死と乙女の魅力とは

1994年、ロマン・ポランスキー監督がスリラーとして、同名の映画化をしている。日本では演出を谷賢一氏が手掛け、豪華実力派キャストを配して濃密な密室劇を繰り広げている。舞台はチリ。独裁政権を奮っていたピノチェト失脚後、運命の出会いと再会をする男2人と女1人の物語。加害者であり被害者でもある男女3人は、それぞれの真実を持っている。その真実とは主観であり、別の人には別の主観が真実となってまとわりついている。それらの真実を紐解いていくと、やがて現れるのは、人の心に巣食う「悪魔」の姿。手に汗を握るセリフの応酬、息を呑む展開、予想のつかない結末など、見どころ満載の話題作だ。

死と乙女が好きな方はこんなチケットもおすすめ