SHE’S(シーズ)は、4人組のピアノロックバンドである。2011年井上竜馬を中心に結成され、大阪を拠点に活動を開始する。2012年には10代のアーティストのみで開催する閃光ライオットのファイナルステージに選出し、ケーブルTVにて生中継された。2014年に初のワンマンライブを開催し、2015年1stシングル「Morning Glow」でメジャーデビューを果たした。2017年1stフルアルバム「プルーストと花束」をリリースし、ワンマンツアー「SHE'S One man Tour 2017 プルーストの欠片」また、初のホールツアー「SHE'S Hall Tour 2017 with Strings after awakening」を開催している。

SHE’S(シーズ)の日程

489人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

新木場STUDIO COAST

なんばハッチ他1会場

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

SHESのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/23 00:00更新)

SHE’S(シーズ)について

SHE’S(シーズ)の魅力とは

SHE’S(シーズ)は、4人組のピアノロックバンドである。
ボーカル、キーボード、ギターを担当するのは井上竜馬で、幼い頃からピアノのレッスンを受けていた。ELLEGARDENに憧れギターを始め、高校卒業時にピアノを取り入れたロックバンドをやりたいとメンバーを誘い結成した。全曲の作詞と作曲を担当し、英語は独学で学んでいる。ベースを担当しているのは広瀬臣吾。井上との最初の出会いは中学に通ってた学習塾で友達になり、高校へ進学した後に地元のライブハウスで再会を果たす。その流れでギターの服部と3人でバンドMONGOLIAN8000を結成。もちろんMONGOL800のコピーバンドである。ギター担当は服部栞汰。広瀬とは同じ中学で、中学1年生からギターを始め、父から勧められたロックバンドKISSにはまり、よくコピーしていたそうだ。ドラム担当は木村雅人。小学生の頃にはドラムを既に始めており、OFFSPRINGなどの洋楽にはまったそうだ。

バンド名の由来は、井上の中学時代の同級生の女の子がモチーフとなっている。最初SHEでは却下されたが、井上のこだわりなども含めてSHE’Sが提案された。ロックサウンドからバラードまでピアノを中心に描く彼らのメロディは、今後も進化していく。

SHE’S(シーズ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ