20周年記念第1弾 少年社中×東映 ピカレスク◆セブン取扱中!少年社中は、1997年に結成された東京を中心に活動している劇団である。劇団「東京オレンジ」を脱退した毛利亘宏、井俣太良、佐藤春平ら3名を中心に1997年に結成された。創設メンバーである毛利亘宏が劇団の主宰であり、作,演出を担当している。1998年2月に上演された「侍核-サムライ・コア-」で旗揚げされ、順調に観客動員数を伸ばしていった。特徴として、架空世界や冒険、夢といったキーワードをふんだんに織り交ぜたファンタジー色の強い作品が多いことが挙げられる。特にファンタジーの中に内在するリアルな人間ドラマを的確に描くことができると定評がある。現在では、年間1〜2本のペースで本公演を上演している。今注目の実力派が揃った劇団である。

20周年記念第1弾 少年社中×東映 ピカレスク◆セブン

770人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

サンシャイン劇場 他1会場

岡崎市民会館

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

少年社中のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/13 12:00更新)

少年社中について

少年社中の魅力とは

少年社中は、1997年結成、翌1998年旗揚げの劇団である。劇団「東京オレンジ」を脱退した、劇作家兼演出家で主宰の毛利亘宏、俳優の井俣太良らが、中心になって1997年に結成されている。1998年2月に「侍核-サムライコア-」にて旗揚げ公演がおこなわれ、着々と観客動員数を増やしながら公演する劇場の規模を拡大していった。これまでも年間1〜2本のペースで本公演が上演されており、五感で楽しめるエンターテイメント作品を観覧者に届けている。

所属する役者は、堀池直毅、井俣太良、大竹えり、岩田有民、廿浦裕介、加藤良子、長谷川太郎、杉山未央、山川ありそ、内山智絵、竹内尚文、川本裕之。主宰であり、作・演出を担当する毛利亘宏を含めて総勢13名で活動している。作風の特徴としては、主人公が架空の世界を舞台に、数々の人物と出会いながら困難を乗り越え冒険していくといったファンタジーを得意としている点。しかし、ファンタジー作品をスタイリッシュな舞台として終わらせるのではなく、登場人物の相関やリアルな人間ドラマを見事に描写する演出と演技が最大の魅力である。熱くて深いエンターテイメントが観ることができる、間違いない劇団と言えるだろう。

少年社中が好きな方はこんなチケットもおすすめ