妹尾武は、兵庫県芦屋市出身のピアニスト、作曲家である。最も敬愛する音楽科はセルゲイ・ラフマニノフ。小学校の頃からピアノを始め1994年桐朋学園大学音楽学部在学中に作曲した「So Heavenly」が雑誌のオーディションにて優秀賞に選ばれコンピレーションアルバム「ecole」に収録される。この事を機会にプロとしての活動を開始する事となった。2000年楽曲提供したゴスペラーズの「永遠に」がオリコンチャートに44週登場し最高順位14位と大ヒットを記録した作品。他にも「氷の花」を提供している。その他にも鈴木雅之、東方神起、平原綾香、高橋真梨子、加藤登紀子、クレモンティーヌと様々なアーティストへ楽曲提供を行っている。

妹尾武の日程

24人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

妹尾武のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/25 06:00更新)

妹尾武について

妹尾武の魅力とは

妹尾武は、兵庫県芦屋市出身のピアニスト、作曲家である。レコーディングやライブにも参加する事が多く、谷村新司・大貫妙子・Fried Pride・小沼陽介・藤原道山・古川展生といった様々なアーティストから声をかけられ参加している。2007年には、東京都交響楽団の首席チェリストである古川展生と、東京生まれで「和楽器の貴公子」と呼ばれた尺八演奏家である藤原道山と共に「KOBUDO ‐古武道‐」を結成。名前の由来は古川展生の古、妹尾武の武、藤原道山の道を合わせたそうだ。結成以前から妹尾が藤原のレコーディングに参加したり、妹尾のライブに古川と藤原に参加してもらったりと異なるジャンルであったが意気投合し2007年に結成。演奏技術も申し分ないが作曲にとっても高評価を得ている彼らは、TBS系「NEWS 23」のオープニング曲やテレビドラマ「チーム・バチスタの栄光」シリーズ、アニメ「ARIA」シリーズ、CM曲など参加している。2007年1stアルバム「KOBUDO」をリリース。2015年までに6枚のアルバムを発表し、2017年結成10周年を記念してのベストアルバム「十年祭」をリリースしている。また、同年2月から全国コンサート「KOBUDO‐古武道‐ 10th Anniversaryコンサート 十年祭」を開催。同年11月にはツアーファイナルの東京国際フォーラムが開催予定だ。

妹尾武が好きな方はこんなチケットもおすすめ