千住真理子は、プロのヴァイオリン奏者である。1962年4月3日生まれで、2歳3ヶ月から鷲見三郎にヴァイオリンを習い、同時に奥裕子・鷲見康郎に師事し、11歳からは江藤俊哉に師事している。1975年に第1回若い芽のコンサートでNHK交響楽団(N響)と共演し、12歳にしてプロデビューを果たす。1977年には第46回日本音楽コンクールにおいて、最年少の15歳で優勝を果たし、レウカディア賞を受賞している。さらに、1979年には第26回パガニーニ国際コンクールにて、同じく最年少で入賞を果たす他、手塚治虫アニメ映画「火の鳥2772」の音楽を演奏し話題となっていた。コンサートやリサイタルの開催、テレビやラジオの出演の他、エッセイの執筆なども手がけ、幅広い分野で活躍している。

千住真理子の日程

158人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

ホテルオークラ福岡

新潟県民会館

千葉県文化会館

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

千住真理子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 00:00更新)

千住真理子について

千住真理子の魅力とは

千住真理子は、幅広い分野で活躍しているプロのヴァイオリニストである。父は慶應義塾大学の名誉教授である千住鎮雄、母は教育評論家でエッセイストの千住文子、長兄は日本画家の千住博で、次兄は作曲家の千住明である。2歳3ヶ月からヴァイオリンを習いはじめ、12歳でプロデビューを果たし、1979年(17歳)には第26回パガニーニ国際コンクールにて最年少で入賞を果たし、天才少女として広く認知されてきた。大学は慶應義塾大学文学部哲学科に進み、20歳の時にヴァイオリンから離れ楽器に全く触れることもなかったが、2年後にはプロの演奏家として舞い戻っている。1987年にはフィルハーモニア管弦楽団定期演奏会でロンドンデビュー、翌1988年にはサンタチェチリア音楽院管弦楽団定期演奏会でローマデビューを果たしている。以降、数々のコンサートやリサイタルを開催し、多くの聴衆を魅了してきた他、協奏曲やソロのCDリリースにも積極的に関わってきている。2002年秋には、幻の名器ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たし話題になった。2015年にはデビュー40周年を迎え、300歳を超える「デュランティ」との共演が、今なお大いに注目されている。

千住真理子が好きな方はこんなチケットもおすすめ