戦国BASARAとは、ゲームメーカーのカプコンより2005年に発売された戦国時代を舞台にしたアクションゲームシリーズ「戦国BASARAシリーズ」の最初のタイトルだ。 主人公は伊達政宗、真田幸村の二人。 キャッチコピーは「戦場ごとぶった斬れ!」。これまでもアニメや映画、舞台、漫画など、ゲームの世界ではおさまらないほどの人気を博してきた。2017年から公開される「斬劇 戦国BASARA 関ヶ原の戦い」は、原作であるゲームの世界観を損なうことなく、アクションや衣装、セリフ回しや声質にも拘った作品となっている。ゲームの発売から10年以上が経ってもなお愛され続けている戦国BASARAシリーズでは、舞台チケットの入手も困難となるだろう。

戦国BASARAの日程

1,194人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

戦国BASARAのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(3/30 12:00更新)

戦国BASARAについて

戦国BASARAの魅力とは

「戦国BASARA」は2005年にカプコンから発売されたゲーム。戦国時代を舞台にしたアクションゲームで、伊達政宗や真田幸村をはじめとする戦国武将が、個性的なキャラクター造形で描かれている。「戦国BASARA」は女性人気が高く、戦国武将ブームを巻き起こした。 その人気からメディアミックスも多く、2009年にはテレビアニメ化され、第二期を経て劇場版アニメも上映された。また、2009年には舞台化、2013年には、蘭寿とむ率いる宝塚歌劇花組でも上演され、ファンの幅を広げた。ゲーム・アニメの主題歌を担当しているのは、一貫してT.M.Revolution(西川貴教)もしくはabingdon boys school。

2015年には、「戦国BASARA」シリーズの10周年を記念してイベントやコラボ多数企画されている。例えば、「戦国BASARA」の武将たちがラベルに描かれたスパークリング清酒や、甲府市とコラボした宝探しイベント、キャラクターCD、シャープのロボット家電COCOROBOとコラボした「プレミアムなCOCOROBO 戦国BASARA 伊達政宗ver.」など。

「戦国BASARA」関連のイベントの中でも、目玉となったのは、2016年3月5日・6日に東京国際フォーラムで行われた「戦国BASARA10周年祭 ~十年十色の宴~」。「戦国BASARA」にゆかりのある声優やアーティストが集結し、トークや生アフレコ、ライブが開催された。

2017年も舞台「「戦国BASARA」関ヶ原の戦い」が公演され大成功を収めた。今後の戦国BASARAのイベントも大興奮のものとなること間違いなし。最新情報は常にチェックしておこう!

戦国BASARAが好きな方はこんなチケットもおすすめ