仙台市が開府400年を記念して2001年に創設した仙台国際音楽コンクールは若い音楽家を育成し、世界の音楽文化の振興及び国際的文化交流の推進に寄与することを目的としている。27歳以下という年齢制限があり、1位に輝くとその後リサイタル開催、CDの発売、東京を含む主要都市で仙台フィルハーモニー管弦楽団との通算3回の共演などの支援を受けることが出来る。ウィーンやニューヨーク、上海などでピアノ伴奏によるオーディションが行われ、その勝者が仙台での本選へ進むことが出来る。1995年に、第2回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクールが仙台で開催。この経験を元に開催されたのが、仙台国際音楽コンクールである。

仙台国際音楽コンクールの日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

仙台国際音楽コンクールの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

仙台国際音楽コンクールのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

仙台国際音楽コンクールについて

仙台国際音楽コンクールの魅力とは

仙台国際音楽コンクールは仙台市が開府400年を記念して2001年に創設した仙台独自の国際音楽コンクールだ。
若い音楽家を育成し、世界の音楽文化の振興及び国際的文化交流の推進に寄与することを目的としている為、年齢制限があり1位に輝くとその後リサイタル開催、CDの発売、主要都市での仙台フィルハーモニー管弦楽団との通算3回の共演などの支援を受けることが出来る。

世界的にも珍しく、コンチェルトを課題曲に据えているのが特徴で、セミファイナル以降は仙台フィルハーモニー管弦楽団が演奏することになっている。約300人程の仙台市民ボランティアが運営に携わっており、市民と演奏家達のふれあいを大切にしている。コンクールでラウンドを進めることが出来なかった演奏家達による「チャレンジャーズライブ」や「学校訪問ミニ・コンサート」などの企画も用意されていてそれを全て含めたフェスティバルと位置付けられている。
このようなことから公式サイトでは出演者のインタビューやプロフィールの読み方、コンクールの楽しみ方などが解説されており非常に丁寧な作りになっている。2001年の第1回から3年に1度開催され、2013年までに5回開催。2016年に第6回大会の開催が決まっている。

仙台国際音楽コンクールが好きな方はこんなチケットもおすすめ