千 昌夫とは岩手県陸前高田市出身の演歌歌手である。1965年に昭和の数々の名曲を生み出してきた作曲家の遠藤 実に入門し「君が好き」でデビューをする。1966年にリリースした3枚目のシングルとなる「星影のワルツ」が1年以上かけてのロングセラーとなり大ヒット累計250万枚を超えるミリオンセラーを記録し、1968年のNHK紅白歌合戦に初出場する。1977年には代表曲となる「北国の春」をリリース、発売当初の売れ行きは低調だったが1978年頃からヒットし始め、1979年に大ブレイクし300万枚のミリオンセラーとなった。デビュー50周年を迎えた現在も各地で精力的にコンサート活動を行っている。

千昌夫の日程

0人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

千昌夫のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 12:00更新)

千 昌夫について

千 昌夫とは

千 昌夫はミリオンセラーを2回達成、NHK紅白歌合戦16回出場するなど昭和を代表する演歌歌手だ。
1965年に島倉千代子の「襟裳岬」や舟木一夫の「高校三年生」などの数々の名曲を世に送り出してきた作曲家・遠藤実の門下生となり同年9月に「君が好き」でデビュー。
3枚目のシングルのB面「星影のワルツ」が大ヒット、発売当初は売れ行きは低調であったが徐々に各地の有線放送で火がつき最終的には累計売上は250万枚のミリオンセラーとなった。

そして、千 昌夫といえば1977年にリリースされた「北国の春」だろう。
300万枚を超える大ヒットで日本以外のアジア各国でも大ヒットした名曲で3年以上のロングセラーとなり、第21回日本レコード大賞ロングセラー賞受賞、NHK紅白歌合戦にも1977年から3年連続で北国の春で出場した。

2015年にはデビュー50周年を迎えた現在も全国各地でコンサートを精力的に行っている。
「星影のワルツ」や「望郷酒場」、「津軽平野」、「北国の春」などの数々のヒット曲をもち日本の心を歌い上げる千昌夫のコンサートにぜひ足を運んで頂きたい。

千昌夫が好きな方はこんなチケットもおすすめ