宝塚歌劇 花組 雪華抄 金色の砂漠は、宝塚歌劇花組の2016年の大劇場公演。明日海りおがトップスター就任して以来、再演ものの公演が多かった花組だが、大劇場ではようやく2作目の新作となる今作品。「アーネスト・イン・ラブ」「ミー・アンド・マイ・ガール」と明るいミュージカル作品が続いた花組だが、ガラリと雰囲気の変わった宝塚歌劇らしい濃厚な作品が期待できそうだ。「雪華抄」は、2014年月組の100周年記念公演「宝塚をどり」以来の日本物レビューで、原田 諒先生のショー初演出作品だ。華やかな初春の風情に始まり、夏のきらめく波濤、秋の月、そして雪の華が舞う白銀の世界から桜花爛漫の春の讃歌へと、絢爛豪華な場面が次々に展開される。「金色の砂漠」は、架空の古代世界を舞台にした物語で、花乃まりあ演じる王女と、明日海りおが演じる奴隷の愛憎劇が繰り広げられる。また、あの上田久美子先生の作品とだけあって、大注目の公演だ。

雪華抄 金色の砂漠の日程

2,896人が登録中

すべての公演 出品中 (2825) リクエスト中 (33)

もっと見る(65件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 雪華抄 金色の砂漠のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

宝塚歌劇 雪華抄 金色の砂漠について

宝塚歌劇 雪華抄 金色の砂漠の魅力とは

「雪華抄 金色の砂漠」は、宝塚歌劇花組の大劇場公演だ。原田 諒先生のショー初演出作品である日本物レビューと、上田久美子先生の新作の2本立てとなっている。明日海りおがトップスター就任して以来、「アーネスト・イン・ラブ」「ミー・アンド・マイ・ガール」と明るいミュージカル作品が続いた花組だが、今回は雰囲気も一転、宝塚らしい作品に仕上がることが期待される。

第1部で上演される宝塚舞踊詩「雪華抄」は、花鳥風月という日本ならではの風雅な趣をテーマに、華麗に格調高く繰り広げられる舞踊絵巻。現代的なエッセンスを加え、宝塚風にアレンジした日本古来の伝説なども織り交ぜながら、四季の美しさと艶やかさを華やかに謳い上げた日本物レビューとなっている。
第2部は架空の古代世界を舞台にしたトラジェディ・アラベスク「金色の砂漠」。本作では、明日海りおが奴隷役を演じることで話題だ。架空の古代世界を舞台にした物語で、王女タルハーミネと奴隷として育てられた少年ギィの愛憎劇が繰り広げられる。

明日海りおの美しい和服姿と、奴隷の役を演じる明日海りおの演技は必見だ。「雪華抄 金色の砂漠」は、2016年の宝塚歌劇 花組を凝縮された1年を締めくくるにふさわしい作品となること間違いない。

雪華抄 金色の砂漠が好きな方はこんなチケットもおすすめ