2017年秋に公開される映画「関ヶ原」は、戦国時代を代表する合戦、「関ヶ原の戦い」の隠されたストーリーに焦点を当てた時代劇映画だ。メガホンを取る原田眞人は1979年に「さらば映画の友よ」でデビューを果たした映画監督で、2015年の映画「日本のいちばん長い日」では、第39回日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀脚本賞などを受賞した奇才だ。監督による25年の構想を経て、映画化された「関ヶ原」。監督が「『ラストサムライ』を超える日本発の世界戦略時代劇を作りたい!」と意気込んでいるこの作品は、奇才による脚本、監督と、有名実力派俳優・女優によるキャスティングで時代劇好きも、映画好きも見逃せない一作になりそうだ。

関ヶ原 舞台挨拶の日程

28人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

関ヶ原とは

関ヶ原について

映画「関ヶ原」とは、ノンフィクション小説なども書いた小説家、司馬遼太郎による小説「関ヶ原」を映画化した作品だ。原作の「関ヶ原」は1974年の刊行以来、累計発行部数580万部越えを誇った大ベストセラーだ。そんな大作が、ラストサムライでハリウッドデビューもしている監督原田眞人の手によって映画として再び蘇る。己の正義を貫いた男、石田三成と、私利私欲のために生きた男、徳川家康の生き様がドラマチックなタッチで描かれる。

主人公の「純粋すぎる武将」石田三成役を、V6の岡田准一が務める。岡田は2014年の映画「永遠の0」で第39回報知映画賞の主演男優賞、第27回日刊スポーツ映画大賞の主演男優賞、第38回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞、話題賞などを総ナメにした実力派俳優であり、今作でも期待が高まる。ヒロインの初芽(はつめ)役を演じるのは、現在勢いに乗っている女優、有村架純だ。演技に加えて2016年のNHK紅白歌合戦では司会という大役を務めあげた。そして、ライバルの徳川家康役には2012年に紫綬褒章を受賞した役所広司が抜擢された。主要キャストが実力派ばかりで固められたこの「関ヶ原」、白熱の演技は劇場で楽しみたいところだ。

関ヶ原 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ