2007年にアトラスから発売されたニンテンドーDS用のダンジョン探索型ロールプレイングゲーム「世界樹の迷宮」が注目を集めている。キャラクターデザインは日向悠二が手がけ、音楽を「イース」「湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE」などで知られる古代祐三が担当している。エトリアという小さな街を舞台に、街の地下に広がる巨大な樹海の迷宮を探索し、クエストをこなし、ダンジョンの謎を解き明かすことによって世界樹の迷宮の真実へと近づいていく。オールドゲーマーを中心に発売前から注目を集め、発売後しばらくは各地の店舗で品切れが続出する事態となり話題となった。2008年発売の「世界樹の迷宮II 諸王の聖杯」以後シリーズ化し、2016年8月にはシリーズ最新作「世界樹の迷宮V 長き神話の果て」が発表されファンを喜ばせた。今や伝説として語り継がれる「世界樹の迷宮」の踏破にチャレンジしてみよう。

世界樹の迷宮の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

世界樹の迷宮の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

世界樹の迷宮のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

世界樹の迷宮について

ダンジョン探索型RPGの名作、世界樹の迷宮の魅力とは

2016年8月にシリーズ最新作「世界樹の迷宮V 長き神話の果て」が発売され多くのゲーマーから注目を集めている世界樹の迷宮は、ダンジョン探索型ロールプレイングゲームの名作だ。ゲームクリエイター・小森成雄がテキストを考案し、2007年にアトラスから発売された。以後、シリーズ化され、2008年に「世界樹の迷宮II 諸王の聖杯」2010年に「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」、2012年に「世界樹の迷宮IV 伝承の巨神」が発売されるほか、ニンテンドー3DS版「新・世界樹の迷宮」シリーズ2作や、「世界樹と不思議のダンジョン」「世界樹の迷宮モバイル」などの派生タイトルも登場し、一大世界観を形成している。
RPGの古典「ウィザードリィ」に近いスタイルと、タッチパネルを使用した手描きマッピングシステムが、オールドゲーマーを中心に人気を集め、入手困難な状況が続いたことでも話題となった。古典的なロマンと懐かしさを感じさせる音色が特徴の古代祐三によるゲームミュージックも人気を呼び、オリジナルサウンドトラックも発売されている。2016年11月には世界樹の迷宮の楽曲によるライブが開催される。樹海の迷宮で繰り広げられる冒険の世界へ想いを巡らせてほしい。

世界樹の迷宮が好きな方はこんなチケットもおすすめ