2010年にインディーズデビューを果たし2011年にメジャーデビューを果たした「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」。バンド名はFukaseが命名したもので、「世界が終わったような生活を送っていた頃に残されていたのが音楽と今の仲間だったので、終わりから始めてみよう」という意味が込められている。メンバーはFukase、Nakajin(リーダー)、Saori、DJ LOVEの男女4人組バンド。他のバンドにはない「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」ならではの独特な世界観、歌詞に誰もが魅了されること間違いない。名曲は「スターライトパレード」「炎と森のカーニバル」「ドラゴンナイト」など...。日々進化しているセカオワワールドに要注目だ!

SEKAI NO OWARI(セカオワ)の日程

25,994人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

SEKAI NO OWARIのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

SEKAI NO OWARI (世界の終わり)について

SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)のライブの魅力を徹底紹介

SEKAI NO OWARIは、「End Of The World」とも名乗り、海外活動も積極的に行い、世界展開を活動も発表しています。 日本大震災復興支援として、東日本大震災復興支援プロジェクトを発足し、チャリティー活動も積極的に行っています。この時に制作されたリストバンドは、寄付金として被災地へ寄付し、この支援活動は今でも継続しています。

ツアーなどで届けられる贈花に対し、花ではなく米をお願いし、被災地へ支援物資として送る活動もしています。この他にも、エイズ孤児支援やその他のチャリティなどに積極的に参加しています。このような音楽活動から、幅広いファン層を持ち、ライブのチケットも人気があります。

また最近では、End Of The Worldとして本格的に世界展開のプロジェクトが始まり、この世界規模の展開については、ワールドワイドなプロモーター「Live Nation Entertainment」との提携を発表しています。既にフランスのカンヌでヨーロッパライヴを行うなど、チケットの人気も増々高まっています。

SEKAI NO OWARIのポップビートを体験

2010年にインディーズでデビュー後、またたく間にメジャーデビューを果たすと、一気に日本中の音楽ファンの注目を浴びる存在へと駆け上がっていたSEAKI NO OWARI。 その勢いそのままに、メジャーデビュー3ヶ月後には、武道館でのワンマンライブのチケットをソールドアウトさせるという、はなれ業をやってのける。

そして、それ以降の全国ツアーは、当然すべての会場でソールドアウト。 ライブでの彼らのパフォーマンスは、アッという間に全国を席巻した。 開演の幕が切って落とされると、彼らの生み出すエレクトロビートに乗って、観客はSEAKI NO OWARIという遊園地に誘われる。

カラフルなライティングと、SEAKINO OWARIのポップビートが、観客をパレードの中へと引き込み、観客の大合唱とともにパレードは進んでいく。 会場に見えるのは、眩しいばかりの観客の笑顔たちだ。 その笑顔は、初めて遊園地に来た時の、無邪気な子供の時の笑顔。 そう、チケットを握り締めてライブ会場に来る観客の顔は、昔子供の頃に遊園地に行った時の顔と同じ笑顔になる。 SEAKI NO OWARIが誘う、カラフルな音のシャワーが降り注ぐ、高純度のポップワールドを体験すれば、こんな夢のような時間がいつまでも永遠に続いて欲しいと思うだろう。 SEAKI NO OWARIのライブを観た観客は、彼らの作り出すひとときのファンタジックな世界を体験し、幸福感で満たされる。

SEKAI NO OWARI(セカオワ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ