青春ディスカバリーフィルム」は、その名の通り「青春」をテーマとした短編作品シリーズ!人それぞれ持つ青春は違うもの。オムニバスとはラテン語で「すべての人のために」という意味があるという。「青春ディスカバリーフィルム」には、すべての観客が青春時代を思い出し、楽しめる作品が集まっている。「23時59分59秒」根本正勝・中村誠治朗、「張り込みメシ」馬場良馬・波岡一喜、「純愛ストーカーくん」富田翔・荒牧慶彦、「なんでも埋葬屋望月」鈴木拡樹・河原田巧也・高崎翔太。1つ1つが輝き、個性豊かな4つの作品。あなたも青春ディスカバリーフィルムで青春時代を思い出そう。

青春ディスカバリーフィルムの日程

84人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

青春ディスカバリーフィルムの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

青春ディスカバリーフィルムのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

青春ディスカバリーフィルムについて

青春ディスカバリーフィルムの魅力とは

「青春ディスカバリーフィルム」は、新進監督と若手俳優によるまったく新しい映画作品。各作品で監督と俳優たちがタッグを組み、4作品をまとめたオムニバスである。名前からも分かるように、各作品のテーマは「青春」。青春とは何だろうか。人それぞれに思い浮かべる「青春」は違う。しかも、年を重ねてから青春時代を振り返ると、昔とは違って見えるかもしれない。そんな色とりどりの青春を、新進気鋭の監督たち実力派若手俳優が描いていく。

(1)「23時59分59秒」:バンドを組んで15年になる優一(中村誠治朗)と達也(根本正勝)。ようやくデビューのチャンスが巡ってきたが、それには条件があり…。(2)「張り込みメシ」:エリート刑事 鮫島(馬場良馬)と、新米刑事(波岡一喜)が紡ぐ新感覚ストーリー。(3)「純愛ストーカーくん」:放浪の旅から帰ってきた鶴澤(荒牧慶彦)が彼女の部屋に入ると、見知らぬ男・小野(富田翔)が寝ていて…偶然に出会った2人が彼女を探す旅に出る。(4)「なんでも埋葬屋望月」:望月(鈴木拡樹)とゆうき(河原田巧也)はなんでも埋葬屋を営んでいる。しかしある時首を吊ろうとしている俊(高崎翔太)と出会い…。個性豊かな4つの作品。あなたに「青春」を思い出させてくれるオムニバスとなるだろう。

青春ディスカバリーフィルムが好きな方はこんなチケットもおすすめ