青年団は、1982年に結成された劇団である。1983年に劇作家で演出家の平田オリザを中心に、第1回公演の「海神ポセイドン」を旗揚げ公演としている。本劇団の特徴は、平田オリザが提唱した「現代口語演劇」に則った活動であり、それは1990年代以降の日本の演劇界に大きな影響を与えたと言われている。主な活動拠点は、東京目黒区にある平田オリザが支配人を務める小劇場のこまばアゴラ劇場で、そこを中心に公演を行っている。また、所属する演出家が、劇団内で不定形のユニットを作り、独自の企画を行う公演「青年団リンク」を2002年に立ち上げるなど、固定概念に捉われない動きを展開している。近年では、活動範囲を海外にも伸ばしており、海外ツアーも行っている。

青年団の日程

7人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

青年団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

青年団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/12 06:00更新)

青年団について

青年団の魅力とは

青年団は、1982年に劇作家で演出家の平田オリザを中心に結成された劇団である。平田オリザが提唱した「現代口語演劇」が最大の特徴であり、1990年代以降の日本の演劇界に大きな影響を与えたと共に、演劇界以外からも強い関心を集めた。

その「現代口語演劇」とは、大事件や大恋愛ばかりを送っていない人生の大半を占める静かな時間を取り上げ、人間の生活そのものにフォーカスを当てつつ、その静かな生の時間を、直接的に舞台にのせようとする試みである。外見的には、「ときには聞き取れないような小さい声でしゃべる」、「複数の会話が同時に進行する」、「役者が観客に背を向けてしゃべる」などが挙げられ、これまでの演劇理論に対して批判的に真っ向から立ち向かうものと考えられる。このような確固たる演劇理論に基づいた舞台制作が魅力であり、常に演劇の枠組みを変えるような、新しい取り組みを行っていることで知られている。

また、2002年からは、所属する演出家が、劇団内で不定形のユニットを作り独自の企画を行う公演「青年団リンク」を立ち上げ、それを通じて複数の演出家や劇作家、多数の俳優を有し、多彩な演目を披露し続けている注目の劇団である。

青年団が好きな方はこんなチケットもおすすめ