Seiho(セイホー)は大阪府生まれの音楽家である。若くして現在の日本電子音楽を牽引する才能であるが、彼の音楽の興味への目覚めは子供の頃までさかのぼる。中学校入学の際にギターを買い与えられ、高校では吹奏楽部に所属するなど音楽に触れながら育ってきたが、2000年ごろアルヴァ・ノトの展示会を見たことにより、電子音楽への興味を強く抱くようになる。天才的な楽曲センスを基にヒップホップ、ポスト・ダブステップ、チル等あらゆるジャンルの音楽を駆使しながら畳みかけてくる彼のライブは今まで我々が経験してきたものとは一線を画す。今や世界中の音楽シーンから注目を集める日本の若き麒麟児、それがSeiho(セイホー)である。

Seiho(セイホー)の日程

20人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Seihoのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/20 06:00更新)

Seiho(セイホー)について

Seiho(セイホー)の魅力とは

Seiho(セイホー)は大阪府生まれの音楽家である。2013年にアメリカのピッチフォーク・メディアに彼は近年の日本において最もエキサイティングな音楽のいくつかを作っている」と評されたほどの才能の持ち主だ。
彼が得意とするのは電子音楽だが、彼の電子音楽への興味は2000年ごろアルヴァ・ノトの展示会を見たことにより刺激されることになる。
その後も日本の電子音楽の第一人者である青木孝允や半野喜弘らのイベントに出かけたり、携帯電話の着信メロディを作曲してインターネット上にアップロードするという活動を続けていた。大学卒業に際して、音楽の道で生きていこうと決めた彼は2011年、デイ・トリッパー・レコーズの設立に中心人物として関わった。
アルバム「アブストラクト・セックス」をリリースした2013年にはアメリカ合衆国を巡業を敢行し、ディスクロージャーの前座を務めるなどの活躍を見せ同年の「MTV注目の若手プロデューサー7人」にも選ばれた。

その独特の音楽センス、天才的な打ち込みから生み出される電子音楽はこれまでに類がなく、若い世代を中心に爆発的に受け入れられている。今最も注目したい日本人アーティストの1人である。

Seiho(セイホー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ