瀬川瑛子は歌手である瀬川伸の次女で東京都出身の演歌歌手である。1967年、19歳のころに「涙の影法師」で日本クラウンからデビュー。1983年には細川たかしらとの競作「矢切りの渡し」が30万枚を超える初のヒット作となる。その後1986年には「命くれない」をリリース。当初の予約数はわずかであったが、有線で徐々に火がつき始める。そして累計で170万枚を超える大ヒットとなった。これにより本人の念願であった、第38回NHK紅白歌合戦に初出場。オリコンでは年間シングルチャート1位を獲得した。このヒットをきっかけに瀬川瑛子の名は広くお茶の間に知られることとなり、その人柄の良さからテレビやラジオに引っ張りだことなった。多方面で積極的な活動は現在まで続いている。

瀬川瑛子の日程

0人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

瀬川瑛子の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

瀬川瑛子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 18:00更新)

瀬川瑛子について

瀬川瑛子の魅力とは

1967年、19歳のころに「涙の影法師」で日本クラウンからデビューした歌手の瀬川瑛子。「長崎の夜はむらさき」や「矢切りの渡し」、「連理の枝」などのヒット曲を持つなかでも最大のヒットが1986年「命くれない」である。当初の予約数はわずか1860枚程度であったと言われているが、有線で徐々に火がつき始めた。
そして2年後の1988年には100万枚目がプレスされるまでの大ヒットとなった。これにより本人の念願であった、第38回NHK紅白歌合戦に初出場。1996年までに通算4回の紅白出場を果たしている。オリコンでは年間シングルチャート1位を獲得。累計では170万枚の記録となり、当時放送されていた歌番組、ザ・ベストテンや歌のトップテンなどでも様々なランキング記録を打ち立てており、1987年からJASRAC賞の金賞を2年連続で獲得した。これはこれまでにSMAPの「世界に一つだけの花」とAKB48の「ヘビーローテーション」の3曲だけという快挙である。瀬川瑛子といえばその人柄も注目を浴び、天然キャラはモノマネの定番となり、バラエティー番組でも人気を博していた。現在もコンサートで全国を飛び回り精力的に活動している。

瀬川瑛子が好きな方はこんなチケットもおすすめ