スクリーン・ミュージックの宴は、映画ファンなら誰もが知っている音楽をの数々を、オーケストラ&バンドで奏でる人気のコンサート。音楽と映画の解説に加え、歌やピアノ、華麗な指揮によるオーケストラなど、魅力たっぷりな宴だ。これまでの公演では、別所哲也やつのだ☆ひろ、新妻聖子といった実力派のヴォーカル陣に加え、アマリア・ネクラエシュ、シネマトリップ・オーケストラが出演し、圧巻のステージを披露してきた。2017年の公演では、ピアニスターHIROSHI、バイオリニスト阿部磨知、アマリア・ネクラシェ、アマーピレ、村上雅則(マッシー・ムラカミ)らが登場する。また、この公演には、現在活動休止中の桜田淳子が一夜限りの復活ライブをおこなうというから必見だ。見どころ満載のステージをお見逃しなく。

スクリーンミュージックの日程

41人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

スクリーンミュージックの宴の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スクリーンミュージックの宴のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/25 06:00更新)

スクリーン・ミュージックの宴について

スクリーン・ミュージックの宴の魅力とは

往年の映画音楽を生演奏と歌で表現するスクリーン・ミュージックの宴。映画音楽をヴォーカリストやピアニスト、オーケストラ、バンドで奏でるコンサートだ。CDやDVDなどとは違う新しい魅力を楽しめるのが魅力の一つ。映画監督・プロデューサー増田久雄の呼びかけでスタートしたこの公演では、毎回実力派のヴォーカリストやオーケストラなどが集結し、迫力ある演奏と素晴らしい歌声をたっぷりと聴かせてくれるのだ。演奏中はスクリーンに映画の名シーンが流れ、印象的なセリフなどを解説。映画プロデューサーの増田久雄が映画の魅力を紹介してくれるので、映画をあまり知らないという人でも心から楽しむことができるだろう。

これまで数々の歌手やオーケストラが出演したこの公演。2017年はピアニスターHIROSHIを迎えて贈る。HIROSHIは、これまでの音楽会にあるイメージを大きく覆すユニークなライブ活動を展開している。独自に提案したメドレーを披露したり、右手でポップス、左手でクラシックを同時に演奏したりといった独自のピアノサウンドを確立させてきた。これまでとはひと味もふた味も違う映画音楽の素晴らしさを届けてくれる。また、40周年公演以来3年4ヵ月ぶりに観客の前に立つ桜田淳子のステージも見どころの一つと言えるだろう。映像と音楽の新しい楽しみ方を教えてくれるスクリーン・ミュージックの宴。ぜひとも映画の名シーンとともに素敵な音楽を堪能してほしい。

スクリーンミュージックが好きな方はこんなチケットもおすすめ