シュヴァルツカインは「悲愴と破壊」をバンドコンセプトに掲げたビジュアル系バンドである。メンバーはIzumi(Vo.)、Nagisa(Gt.)、Keisuke(Gt.)、Ayaka(Ba.)、Tomoya(Dr.)の5人。紅一点となる女性メンバーがいるのが特徴だ。当初、謎のヴェールに包まれ全貌が分からないままでいたシュヴァルツカイン。所属レーベルのGLENDIAから映画の予告編さながらのティザームービーが公開され、顔はおろかサウンドも非公開。ダークでゴシックなイメージ、「悲愴と破壊」というワードのみが伝わっていた。2016年7月1日深夜0時に全情報が解禁されると予告通り、シュヴァルツカインは7月13日の高田馬場AREAからライブをスタートさせた。

シュヴァルツカインの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

シュヴァルツカインの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

シュヴァルツカインのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 06:00更新)

シュヴァルツカインについて

シュヴァルツカインの魅力とは

「悲愴と破壊」をバンドコンセプトに掲げたビジュアル系バンド シュヴァルツカイン。所属レーベルのGLENDIAからはホラー映画を思わせるようなティザームービーが公開され、顔はおろかサウンドも非公開であった。動画内では2016年7月1日深夜0時に全情報が解禁されると予告され、7月13日の高田馬場AREAからライブをスタートさせている。名古屋系を謳っているシュヴァルツカインは名古屋でも活動をスタートさせ、8月にはUNDER FALL JUSTICE、Synk;yetらと共にシュヴァルツカイン主催の名古屋系復興無料スリーマン「Summon’s gate」を開催した。同月にはプロトタイプシングルとなる「Moment glow」をリリース。これは666枚の完全限定生産ということで話題となった。この「Moment glow」はYoutubeにてフルミュージックビデオも公開されており、そちらでもチェックすることが可能だ。
2017年1月に開催するシュヴァルツカイン初となる単独公演「Mad world vision」はチケットがソールドアウトしており、既に4月に追加公演が決定している。徐々に明らかになっていくシュヴァルツカインに要注目だ。

シュヴァルツカインが好きな方はこんなチケットもおすすめ