日本の音楽シーンにまだラップもヒップホップも無かった時代にその世界をこじあけたのがスチャダラパーであった。1980年代海外ヒップホップ・シーンの主流はマッチョでハードコアな路線。それとは対照的な「A Tribe Called Quest(ア・トライブ・コールド・クエスト)」や「De La Soul(デ・ラ・ソウル)」などネイティブ・タンの中心グループによるユーモアセンスやサウンドは新たなヒップホップの方向性を示唆していた。その90年代初頭にそれらの影響を受けたスチャダラパーが日本のサブカルチャーの文化などとともに日本の音楽シーンに登場。その最初は第2回DJアンダーグラウンドコンテスト特別賞受賞である。高品位なトラック、等身大でコミカル、審査員からは喝采を浴び、そのコンテストの主催であったMAJOR FORCEからデビューとなった。1993年にはDe La Soulのアルバム「Buhloone Mindstate」に参加。1994年には小沢健二と共作した「今夜はブギーバック」が大ヒットとなり、日本においてラップ・ヒップホップを浸透させる先駆けとなった。

スチャダラパーの日程

177人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スチャダラパーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 12:00更新)

スチャダラパーのライブについて

スチャダラパーのライブの魅力とは

音楽だけでなく、ゲーム業界での露出や子ども向け番組「ポンキッキーズ」に出演するなどマイペースに活動。スチャダラパーのライブチケットを手にすればそのリアルで陽気な歌詞とともに体が疼くこと請け合い。日本人のヒップホップファンなら誰もが手にしたいチケットである。

スチャダラパーが好きな方はこんなチケットもおすすめ