2016年のゴールデンウィークに公開される映画「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」。物や場所に残った「残留思念」を読み取ることができる特殊能力を持つ元お笑い芸人の仙石と、かつての相方・丸山が様々な事件に挑む様を描いた作品だ。警察官僚を父に持つ警視庁捜査一課の若手エリート刑事・佐々部悟役で安田章大(関ジャニ∞)が出演、その他野村萬斎、宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、風間杜夫、高畑淳子などの実力は俳優らが勢ぞろい。安田章大の刑事役の演技は必見だ!

スキャナー 舞台挨拶の日程

398人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

スキャナーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スキャナーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

映画 スキャナーについて

2016年のゴールデンウィークに公開される映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』。関ジャニ∞の安田章大が出演することで大きく話題となっている。安田章大は、警察官僚を父に持つ警視庁捜査一課の若手エリート刑事・佐々部悟役で出演。野村萬斎演じる仙石和彦と、宮迫博之(雨上がり決死隊)演じる丸山竜治と共に、ピアノ教師・沢村雪絵の失踪事件に挑むという役どころだ。なお安田が刑事役を演じるのは、この作品が初。監督の金子修介からも絶賛の声があり、安田章大を「すごく勘がいいし、ほんとに研究熱心で真面目」と語る。

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』は、物や場所に残った「残留思念」を読み取ることができる特殊能力を持つ元お笑い芸人の仙石と、かつての相方・丸山が様々な事件に挑む様を描いた作品だ。雪絵役で木村文乃、雪絵の教え子・秋山亜美役で杉咲花が出演する。映画『デスノート』『デスノート the Last name』などで知られる金子修介が監督を務め、ドラマ『リーガル・ハイ』『鈴木先生』などの古沢良太が脚本を手掛けている。

スキャナー 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ