サイプレス上野とロベルト吉野とはマイクロフォンとターンテーブルを扱う2人により2000年に結成、ヒップホップを中心に音楽活動を展開するアーティストである。ヒップホップをベースにエンターテインメント性に強く力を入れており、特にライブシーンで高いパフォーマンスを披露している。2007年にはファン待望の1stアルバムを発表、その後もバラエティ番組のテーマソングへの起用や楽曲の度重なる評価を受け徐々に認知度を上げていく。2013年には初となるワンマンツアーを敢行し全国を巡ることで自身が得意とするライブでのパフォーマンスの最高傑作を披露する。徐々にメディアへの露出も増え、テレビ番組、ラジオ番組などでレギュラーを持つ売れっ子アーティストへと成長、今だ光るパフォーマンスを見せつける国内ヒップホップ界のトップエンターテイナーとして君臨している。

サイプレス上野とロベルト吉野の日程

44人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

サイプレス上野とロベルト吉野のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/26 18:00更新)

サイプレス上野とロベルト吉野について

サイプレス上野とロベルト吉野の魅力とは

サイプレス上野とロベルト吉野とは2010年神奈川県横浜市にて結成、ファンからは「サ上とロ吉」の愛称で親しまれているヒップホップをベースにしたアーティストユニット。結成から7年が経つ2007年に1stアルバムを発売、そこからは以前とはうって変わり表舞台での活躍を見せ2009年には2ndアルバム、ワンマンライブと勢いを見せる。現在はテレビやラジオでレギュラーを抱える人気アーティストとなっており、一風変わったヒップホップアーティストということもありライブシーンでの人気は非常に高い。ユニット名がそのまま個人の名前となっており、マイクロフォンを担当するサイプレス上野とターンテーブルを担当するロベルト吉野の2人からなる。共に横浜市でも有名のかつての遊園地「横浜ドリームランド」近くの団地出身であり、そのことは度々話しにも登場する定番の話題である。自身で「HIP HOPミーツallグッド何か」をコンセプトとして挙げており、ヒップホップを通して様々な物との出会いを大事にライブなど自身の活動にて披露している。一時期はロベルト吉野の体調不良でソロ活動を行っていたがその年に復帰。徐々に人気を獲得し、時折CMへと出演する姿も披露するなど全国的な人気を示している。

サイプレス上野とロベルト吉野が好きな方はこんなチケットもおすすめ