聖の青春は、29歳の若さでこの世を去った天才棋士・村山聖の生涯を描いた大崎善生のノンフィクション作品。2001年には新春スペシャルドラマ「聖の青春」が全国放映され、何度が舞台上映もされている。2016年には松山ケンイチが主演で映画化。幼いころより患う難病と闘いながら将棋の道を突き進んだ村山の壮絶な人生を、羽生善治をはじめとする同世代の棋士との死闘や、彼を支える師匠や両親たちの愛を通して描く聖の青春。役作りに徹し、体重を20kg増量させた松山ケンイチの演技に期待。

聖の青春 舞台挨拶の日程

78人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

聖の青春の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

聖の青春のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

聖の青春について

聖の青春の魅力とは

ストーリー:聖さんは3歳のころから頻繁に熱を出しており、その度に聖さんを近所のかかりつけの病院に連れて行くが、その病院では精密検査をすることができず。ただの風邪だと診断され続けてきた。しかし一度、総合病院に連れて行ったところ「ネフローゼ症候群」だとわかる。

その後、聖さんは病室で、父親に与えられた将棋を覚え、のめり込む。13歳のとき、聖さんは両親の反対を押し切って奨励会に入会。森信雄に弟子入りする。聖さんはやがて膀胱がんも発症。28歳で手術を受けて、膀胱を摘出。子どもを作るという夢を失う。しかしもう一つの夢、将棋の名人を目指して将棋を指しづける。

その後、NHK杯決勝で羽生善治四冠に敗れ、その5ヶ月後の1998年8月8日に死去。

そして2016年、「宇宙兄弟」を手がけた森義隆監督が、師匠や両親など村山を愛した人々との交流と共に感動的なドラマを演出し、映画化される。

聖の青春 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ