江戸後期に滝沢馬琴によって28年もの歳月をかけて著わされた、江戸時代の戯作文芸の代表作であり、日本の文学史上に作善と輝く長編伝奇小説の古典の「里見八犬伝」。2012年に封を切った舞台では鈴木哲也の手による新たな解釈とオリジナルの設定と、深作欣二の息子、深作健太の演出によって新たな息吹が注ぎ込まれ、スペクタクル時代劇「里見八犬伝」として生まれ変わった。今回は、そんな新版里見八犬伝の脚本、演出ともにさらに磨きをかけたものが公開予定だ。2014年時と同じくして、主役の犬塚信乃を、人気爆発中の山崎賢人が演じる。今年2017年も、さらにパワーアップしたダイナミックな舞台が期待出来る今作、是非会場で楽しみたいところだ。

里見八犬伝の日程

3,151人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

里見八犬伝の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

里見八犬伝のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/19 18:00更新)

里見八犬伝について

里見八犬伝の魅力とは

里見八犬伝、2012年の公演から5年。2017年4月、新たなキャストをむかえ、そして新しい演出も加わり、さらにグレードアップした「里見八犬伝」として再び登場する。

2014年の主演も務めた山崎賢人を筆頭に、西銘 駿、青木玄徳をはじめとする注目の若手俳優たちが、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の玉を持つ選ばれし八犬士(剣士)に変身する。それぞれが思いや悩みを抱えながらも、与えられた境遇で生きてきたが、運命の糸に手繰り寄せられるように出会い、集結する。そして世界の滅亡を防ぐために戦いの場へと乗り込んでいくという壮大なストーリーが愛され続け、作品が生まれた江戸時代から何百年とコンテンツを変えて楽しまれている。

3年前の舞台を凌駕するほどのセンセーショナルなストーリーと息を飲むアクションで、今回も楽しませてくれること間違いなし!作品の故郷である「南総(千葉県館山市)」からスタートするこの舞台は、続く日本中の公演で旋風を巻き起こすであろう。さらに新しくなった里見八犬伝のチケットを是非ともゲットして、注目の若手俳優とともに、歴史ロマン溢れる舞台を楽しんで頂きたいところだ。チケット情報は随時チェックして、買い逃さないようにしよう。

里見八犬伝が好きな方はこんなチケットもおすすめ